赤坂一也池の水作り
(AKASAKA KAZUYA)

総合アドバイス
(SINCE1972.4)

  赤坂一也と浩美の
   KAZUYA & HIROMI
     池作りのポイント
 正しい飼い方の提言
 思い違いの水作り
 思い違いの水作り
 池の紹介
 池の悩みあれこれ
 池の悩み相談コーナー
 池作りの指導は
 水作りには
  リフレッシュ®って何?
  サヤミドロ讃歌
 発想の転換 池作りの指導
 池作りの指導(発想の転換)
 その1・・池の深さは?
 その2・・池の形は?
 その3・・池の高さは?
 その4・・池の装飾は?
 その5・・池の水源は?
 その6・・エアレーション?
 その7・・浄化槽の高さは?
 その8・・オーバーフローは?
 リフレッシュ・システムとは
 赤坂式実験池(鱗光誌掲載)
 その9・・・・メンテナンス?
  赤坂浩美の
   AKASAKA HIROMI

      錦鯉KOI日記
 錦鯉KOI日記PART3
 錦鯉KOI日記PART2
 錦鯉KOI日記PART1
 アーカイブス
 全日本総合錦鯉品評会
 わこうどの会
 全日本愛隣会寄せ書き
 錦鯉アラカルト
 熊本城と阿蘇神社
 迎賓館にて
 広島・宮島の錦鯉
 萩・津和野・秋吉台の錦鯉
 伊勢神宮の錦鯉その1
 伊勢志摩の錦鯉その2
 福島旅行
 バリ島の錦鯉
 錦鯉両面刺繍
 キッチンの秘密兵器みずいらず
 メモリー
  南米ブラジルにて
 イギリスを訪ねて
 ヴァチカンの思い出
 平和のために
 北ドイツ紀行・・[1]
 北ドイツ紀行・・[2]
 北ドイツ紀行・・[3]
 ストックホルムにて
 夏の日の海
 エジプト紀行
   



一口に池と言いますが、魚作りは水作り(池作り)です。

8月37℃を越える暑さの中スイスイとご機嫌の鯉達。
好奇の眼と餌を頬張る口元がなんとも愛らしい。
池の中を端から端まで縦横に動き回るのは池水が気持ちよい証拠です。
手間いらずシステムは健在です。(我愛鯉池は、実験池として1976年につくられ、
1985年に水の循環方式のリフレッシュシステムに切り替えました。)
池の大きさ2m×7m×池の深さ1.8m(水深1.5m)
 



まず池庭を見たいのか、錦鯉を飼いたいのかは分けて考えた方が良いと思います。

池は一見透明な水に魚を泳がせておく単なる入れ物だと考えていませんか。
(それで良いとお考えの方も多いと思います。)しかし!!

池と浄化槽は一体であって、その中に一番シンプルな小自然が存在し、
生態系の営みが行われているということを考えたことがありますか。

自然との調和とバランス,これを知ることは非常に大切なことです。
自然をうまく取り入れることによって結果的に安価に池水を作る事が出来るのです。

「手間いらず」にするということは、どれだけ自然の働きを
うまく取り入れて学ぶか、ということです。
こんな風に考えると、池作りのポイントがわかってきます。





池写真HOME