POINTをクリック

発想の転換その1
(錦鯉専門誌「鱗光」2004年9月号広告のヒント)
池の深さは?
池の深さは、次の三種に分けられると思います。

水深30センチから70センチ以下
 従来は、30センチから50センチぐらいの深さの、一般的な和風池が、圧倒的に多いのです。ところで、錦鯉からみると、別にこの深さでなければいけないという理由はありません。これは、人が落ちたら危険だからとか、掃除がし易いという理由であって、錦鯉を飼うための深さではなく、それ ばかりか、この深さでは錦鯉を大きくすることは出来ませんし、水温が変わりやすく地熱を利用して水温を保つこ とも出来ません。あまり浅い池では、アオコの発生も早くなります。まして、たえず池水を抜いて池掃除をしたのでは、綺麗な色彩の良い錦鯉を育てることも出来ません。
 又、錦鯉は良く見えますが、怯えやすく、猫や鳥などの外敵にも襲われやすいはずです。
水深180センチ以上
 反対に200センチ以上にする方も稀にいます。少しでも沢山の錦鯉を飼いたいし、大きくしたいと思うからでしょ うか。しかし、これでは、品評会や子採りのために錦鯉を網で救い上げることも、うっかり池に落としたものを掬 い取ることも出来ません。このためにわざわざ、池水を抜いて、はしごを掛けて池底に降りたりしているようです。頻繁に新水を入れ替えると、池水の生理を壊してしまうことになり、錦鯉の色も揚がりませんし、透明に見えても かえって病気にかかりやすい池水になってしまいます。
 まして、底に潜ってしまった錦鯉はとても見えにくくなり、人懐こい錦鯉を馴らすことも出来ません。
水深130センチから150センチ
 
理想的な池水の深さはせいぜいこのぐらいが理想的です。網の柄の長さもこのぐらいだとちょうど使いやすいものです。錦鯉もすくいやすいし、落ちた物や、ごみも取りやすいです。水温も変わりにくいどころか、1〜2度は池水の方が温かいはずです。何よりも、錦鯉が一番見やすく、外敵にも心配なく馴らすことが出来ます。
 70センチ以上深いと、池底が見えないのではないかと思う人もいるでしょうけれど、浄化能力のしっかりした池では、下記の池のように底まで、しっかりと見えます。
(下の写真は水深150センチの池です。丸い円盤が目安です。)
Copyright (c) 2018 Nihon Refresh All Rights Reserved.HOME