NEWSをクリック
速報!! 2019年2月全日本錦鯉振興会品評会
   恒例の東京・平和島
全日本総合錦鯉品評会 (SINCE1973)

リフレッシュ固形と粉末がありました
園芸用ミリオンの谷村女史と

組み立て池アートポンド

岩崎園芸の協力とリフレッシュシステム

2002年優勝錦鯉の両面刺繍を

和泉屋の泉ちゃんと 

2005年神畑重三氏と 

2014年神畑重三氏と

 吉田観賞魚 初代吉田宏社長と 

  2015年2月平和島にて吉田観賞魚2代目と3代目

1987年愛鱗会より

 1998年全日本錦鯉品評会より

 1983年全日本錦鯉振興会より
右の写真は「リフレッシュ」の登録標章
 
 

杉浦直樹さんと

錦彩出版株n場ご夫妻と

新日本教育図書鞄。田氏と

新日本教育図書潟Rーナーにて
 
 下の写真は秋田のモンモリロナイト粘土を発見した故人熊谷富治さんです。山師と言われ、全国を歩いて有名な金山を発見、その折りたまたまこの不思議なピンクの粘土層がありました。
 1975年9月、なんと40数年前の写真です。この時、何とかこの不思議な土を世の中に活かして下さいと頼まれました。我々も若かったですね。リフレッシュを発売することになって3年目の思い出の写真です。