NEWSをクリックするとTOPへGO
北ドイツ紀行(2003.4)
NO.1 《ハンブルグ》

ハンブルグは14世紀から自由ハンザ都市として、海洋貿易で繁栄を極めた。
第二次世界大戦でかなりの戦災を受けたが、
見事に甦り、今日もなおドイツ随一の港湾都市として、魅力ある街をつくっている。
ヨーロッパで最大規模の港を有する国際貿易都市。
ドイツで二番目に大きな都会でもある。”水と緑の都”と呼ばれるほどに
豊かな自然に恵まれている。
また、”メディアの中心”という称号を持つメディア都市でもある。
新聞やテレビなどマスメディア関連の企業が多く、シュテルンなどドイツを
代表する出版社のほとんどがハンブルクに本拠地を置いている。 
NO.2 

4月、エルベ河畔に

咲く桜

市庁舎広場には

ヴェネチアを思わせる運河

市庁舎の地下レストラン

教会のパイプオルガン

市庁舎の正面

市庁舎の裏庭

街を見渡すエルベ河畔

港の前の官庁の建物

国際貿易港の地下へのエレベーター

ドッグへの地下トンネル

地下から行く造船施設

優雅な観光船
NO.2 HOME