2017年9月 日光東照宮の全貌
 
日光東照宮は、元和(げんな)3年(1617)徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。

石鳥居(いしどりい)

表門(おもてもん)仁王門

五重塔(ごじゅうのとう)
 

左右に仁王像が安置 

上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)

神厩舎


三猿(しんきゅうしゃ・さんざる
 
「見ざる・言わざる・聞かざる」

陽明門(ようめいもん)

廻廊(かいろう)

陽明門(ようめいもん)

日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。
いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれています。
 
   

眠り猫(ねむりねこ)【国宝】
左甚五郎作と伝えられています。牡丹の花に囲まれ
日の光を浴び、うたたねをしているところから
「日光」に因んで彫られたとも言われています。
これより奥宮に通じます。



奥社 唐門と銅宝塔(徳川家康墓)

徳川家康の墓
 
   
唐門(からもん)


Copyright (c) 2019Nihon Refresh All Rights Reserved.