NEW LOVE LOVE KOI STORY BY 赤坂浩美
2015年1月〜
  PART.3

 この池は、亡夫の赤坂一也によって1976年に造りましたが、1985年に浄化槽をマット濾材を使い、実験を兼ねて池水を循環させるリフレッシュシステムに切り替えました。2011年の東日本大震災の時も一時白濁しましたが1〜2日で前より一層透明になってビックリ!!
その後水位が下がるので、水漏れの箇所を見つけるために、差し水を止めたとき、池の 中で自然産卵があって、池水がよどんだ例はありましたが、30年間以上にわたって一度も濾材を掃除していませんが、にもかかわらず、池水はいつも澄んで、池底が見えなかった日はありません。( 2016年8月号燐光誌掲載)

当池には屋根がないので雨水が池の中に直接入ります。オーバーフローだけで底水排水装置はついていません。浄化槽は 格子蓋を載せているだけですから、ここにも雨水が入ります。 水面に日差しが当たると、白く反射してしまいます。見苦しい点はご容赦ください。
池の 深さは1m50cmほどあり、ベランダから池全体を撮ると、鯉が小さく見えて大きさがわかりにくいです。水の中を泳ぐ鯉を撮影するのは素人には本当に難しいです。
いろいろと観光地の池を見る機会があります、浅い池ならともかく、残念ながら最近は鯉を目にできる池は珍 しいですね。( 2016年8月号燐光誌掲載)

浄化槽に入った食べ残しの餌を狙っている近所のネコちゃん。結構旨いのかな。
 
なかなか取れない写真です。
1月20日 ひさしぶりの日記です
ひさしぶりにDVDを撮ってみました。
この写真はその中の一場面。なんとも言えない池水の表情が判りますか。この池の水深は1m50pほどありますが、池の深さが写真に写るなんてと思いますか。判った人は偉い〜です。
そして大きい鯉と小さい鯉ががこんなに仲良く泳いでいます。銀鯉(と言っても銀座の恋ではありませんよ。)銀鱗の鯉、すなわち我が家の銀鱗のこの可愛い優しく愛らしい眼差し、好きです。愛してるよ〜。 
 
 
  4月23日又、久しぶりの日記です
しばらく不純な天候が続いて、静かに池の鯉達とっくり会話する余裕がありませんでした。
でもみんな元気でしたよ。水足しだけで構ってもやらないのに・・。
うちには何故か、大きい金銀の鯉が長年いるです。
豪華といえば豪華で、なかなか迫力があります。
 
 この眼、わかりますか。私をじっとみているのです。やっぱり長年いるので、主人が判るのですね。もちろん餌をくれるせいですけど、くりっとした目がよく動きます。
 そして、嬉しいという表現をするのです。
ばくばくばくっと餌を頬ばったり、拍手をしてやると、それを繰り返します。
 何か芸を仕込むこともできそうです。
 そうそう、この顔です。そしてこの手びれの動きとバック泳ぎです。今日はしげしげと眺めているうちに、彼(?)を絵にしてやりたいという衝動に駆られました。
 
金銀の王様たちだけでは寂しいので、若い紅白や、墨の入った三色や頭に緋の入った丹頂などのチビ達を増やしてみました。
やっぱり賑やかでいいですね。みるみる大きくなってゆくようです。こうしてゆったりと優雅に戯れる様をみるのは、世界でも日本人の私だけよ。なんて思ったりして一人ほくそ笑んでいます。
錦鯉を知らない皆様ごめんなさい。