より抜粋 その2

落語家のルーツは、平安時代の「お伽衆」
と呼ばれ、軽口噺をして人々
を楽しませ、次第にストーリーのある
「はなし」を語るようになり、
これらのジャンルの一部が「落し噺」
これが現在の落語と言われています。

勢朝通信その4  勢朝通信その3  勢朝通信その1 

しゅんぷうていせいちょうです。よろしく
 
http://seicho.dynax.co.jp/top.asp
春風亭勢朝は21世紀のお伽衆になりたいと思っています。
2013年8月27日
 『談志』師匠は(今や伝説となってしまいましたが)「2人きりだと異常に優しい」方でした。私の場合は楽屋で二人きりの際は、師『柳朝』が患っているのを気遣って、優しい言葉をかけて下さったのですが、第三者が入って来たら豹変するではあ〜りませんか「てめぇは馬鹿だ!あっち行け!!」(笑)
 練馬のお宅には、謝りに行った事も、ラジオの中継に伺った事もあります。もう時効な話を…成田空港で麻薬犬に吠えられ大騒ぎになった際に「くさやの干物を食ってたら、犬が過剰反応しやがった」と言い繕ったそうです。
 私が最も印象に残っているのは「【円鏡】は凄かった、ラジオの生(ニッポン放送『談志・円鏡の歌謡合戦』)で『インドかオリンピックで金メダルとれそうな競技は?』と振ったら『福神漬けの選りっこ』ときやがった」と懐古したお話しです。
2013年9月8日
 祝オリンピック決定記念勢朝通信
 朝5時過ぎにオンタイムで『2020年東京オリンピック決定』の瞬間を見ていた私です。かみさん起こして叱られました!!取り敢えず心配なのは『三波春夫』先生亡き後「誰が五輪音頭を歌うのか?」と「開会式は誰がプロデュースするのか?長野の失敗は繰り返すな!!」の二点です(笑)
2013年9月28日
 
『高度勢朝』も終わりましたので「勢朝通信」を復活させます。
 今回テーマはオリンピックです。勿論『2020年東京』ではなく『2014年ソチ』についてです。皆様余り興味無いかも知れませんが『ソチ』=ソビエト連邦時代に保養地として整備された「ソビエト版リビエラ」ともいえるリゾート地帯。雪をかぶったカフカース山脈を望む美しい砂浜が広がる。気候は温暖。温泉を産し多くの療養施設もある。毎夏には数百万人がソチを訪れる。スターリンをはじめ、歴代のソビエト連邦やロシア連邦の指導者たちの別荘があり、プーチンもソチの別荘で夏期休暇を過ごしている。また、イタリアの政治家シルヴィオ・ベルルスコーニも休暇を過ごすために毎夏ソチを訪れているそうです。つまり冬のオリンピックに向いてない土地なのです。もう4兆円以上費やして(横領や何かで)準備が間に合わなそうで…夏場は30℃になるので工事どころじゃないんでしょう。大統領が陣頭に立って何とか「救済ソチ」をと躍起ですが「ソチ無し」状態の様です。
 2013年9月30日
 
【みのもんた】様は最近も世間を賑やかにしてます。『セクハラ』『次男逮捕』『庭先サンダル会見』『ラジオ番組で開き直り発言』等々…昔は噺家と交流があり(テレビ東京で演芸番組の司会してました)麻雀をしたりして「噺家の間(ま)」を学んだと噂に聞きました。確かにべらんめぇな辺りはそうかも?と感じます。親の代から金持ちなのに、妙に庶民ぶる癖があり…かつてロシアの要人が来日して「日本のごく庶民の暮らしを見たい」との提案に『世田谷の10LDKのお宅』を見せたとの報道に【みの】様「うちみたいな庶民的な家へ来てくれれば良かったのに〜」とおっしゃってましたが、あなたはもっと豪邸にお住まいなのでは?とテレビに突っ込んだ覚えがあります(笑)「みのもんたの悩みの種」と掛けて「肛門科患者の告白」と解く→こころは『じなんです』
2013年10月1日 
『あまちゃん』も『半沢直樹』も終わってしまい、面白い番組が無いとお嘆きの方に『若大将のゆうゆう散歩』をお薦めしま〜す。兎に角そのドキュメンタリー性が半端でありません。数多ある散策番組に有りがちな「予定調和」が一切ないのが素晴らしいです。絶対に言わない事を言い、編集をしないで放映するリアリティー!!昨日は『豊洲』界隈(途中道端のお地蔵様に柏手打ってました)でしたが、『都内でキャンプもバーベキューも出来る』が売りの場所に行って、若い専務が付きっきり案内して「都会のアウトドアで、親子で安心して楽しめるのが最大の特徴です」と力説しているのに…まさかの一言「蚊はいないの?」余りの予想外の質問に「そりゃ蚊はいますよ」の専務の悲痛な受け答え(爆)下町の『甲冑専門店』(本物の冑や鎧を販売)に入っていきなり「誰が買うの?」『乾物屋』さんで「これがうちの看板の鰹節です」と出したのに「そうだ鰹かぁ、俺釣りやるけど外道だから捨てちゃうなぁ〜」の無邪気な一言。四谷の寺では、ご住職が「これが服部半蔵の墓です」に「服部半蔵って物語の人物だと思ってたよ」極め付きは、京都のお肉屋さんで「高価な近江牛を何とか庶民にと苦心惨憺してコロッケにしました」と差し出したのに「近江牛はそのまま食べた方が旨いのにな〜」舌好調の加山節を是非ご覧下さい。
2013年10月3日 
 
一部の方のご要望にこたえて『謎かけ』を幾つか
 「東京オリンピック招致」と×(掛けて)「裏家業の人間」と解く=(その心は)『お・も・て・な・し』
 「あまちゃん」×「バイトなのにNo.1のキャバクラ嬢」=『もぐりのアマで大人気』
 「半沢直樹」×「競輪」=『バンク内でせめぎ合います』
 「安部総理」×「溺れる人」=『引き上げられ、ゼイ・ゼイ・アップ・アップで息も絶え絶え』
 「一連の体罰問題」×「天保水滸伝(平手御酒(ひらてみき)が登場)が下手な浪曲師」=『平手に愛がありません』
 「ソチ五輪フィギュア・スケート」×「雛壇芸人」=『回転の速さや、流れに乗れるか?滑り具合等が注目されます』
 「予備校教師」×「うるさいお祭りの山車」=『はやしが出過ぎてます』
 「最近の芸能界」×「一日中炊き出しの厨房」=『かまだらけ』
 「楽天田中投手」×「女房の握った、おにぎり」=『妻のお陰でのりに乗ってます』 
2013年10月4日
 
子供たちは努力しているシリーズ
 
私が高座でもやりますが、テストのこんな回答あっても良いのでは?です。『江戸幕府八代将軍の名は?』の設問に『暴れん坊将軍』四字熟語『品( )方( )』がわからず『品(川)方(面)』と書いて△をもらった。品行方正です。『大(同)小(異)』と書くところを『大(便)小(便)』と書いた。【問】『水』という漢字を使った言葉を考えましょう【答】『水ミング』スイミングと読ませるらしい。
【問】『ならわし』と言う言葉を使って、短い文章を作りなさい【答】『おまえが行くなら、わしも行く』
 家庭科のテスト【問】『ゆで卵を作るには( )分ゆでる』【答】『(食べる)分ゆでる』
 【問】『1492年アメリカ大陸を発見した人は( )である』【答】『(りっぱ)である』
 【問】 「あたかも」を使って短文を作りなさい【答】 「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない」
 【問】 「どんより」を使って短文を作りなさい【答】 「僕は、うどんよりそばが好きだ」
 【問】 「もし〜なら」を使って短文を作りなさい【答】「もしもし、奈良県の人ですか?」
 【問】「まさか〜ろう」を使って短文を作りなさい【答】 「まさかりかついだ金たろう」
 【問】 「うってかわって」を使って短文を作りなさい【答】 「彼は麻薬をうってかわってしまった」
 【問】『( )イオンと( )イオンが( )して( )イオンができる』 【答え】『(オスラ)イオンと(メスラ)イオンが(結婚)して(子ラ)イオンができる』
2013年10月5日
 
まだまだ珍回答集→『かいとう(解凍)にチンは付き物』ですから
【問】「child」を和訳せよ→【珍答】「チルド=冷凍」(正解は子供ですよ…念の為)
【問】「思いやりについてあなたの考えを英文で書け」→【珍答】「このテストは白紙に近い。よって採点が楽。それが私にできる先生への思いやりです」 勿論日本語で書いてあった。
【問】「『竹取り物語』で迎えの使者が言った、汚なき所とはどこか?」→【珍答】「翁の部屋」正解は「地上の全て」
【問】「Chico was born.」を和訳せよ →【珍答】「チコは骨でした」{正解は「チコは生まれました」
【問】「過去完了を使って何か文書を」 →【答】「when I went his home,His life had finished」 私が彼の家に行った時、彼の人生は終わっていた【問】「大□小□=□に文字を入れて言葉を完成させなさい」→【珍答】「大変少食」正解は「大同小異」です。
【問】「次の図形で辺AB=DAであることを証明せよ」→【珍答】「テストで証明できない問題は出ない、よって辺AB=DAと証明できる」
【問】「『殺気』の読みは?」→【珍答】「コロッケ」
【問】「労働三権をあげよ」→【珍答】「給料・有給休暇・社員旅行」
【問】「松尾芭蕉の代表作は」→【珍答】「みちのくひとり旅」
【問】「ナメクジに塩をかけるとどうなるか」→【珍答】「しょっぱくなる」【問】「地質調査に出かけるとき、持っていかなければならない物は?」→【珍答】「弁当」
【問】「NO SMOKING」を和訳せよ→【珍答】「横綱がいない」
【問】「自分の座右の銘を書きなさい」→【珍答】「宮本さん」(隣の席の同級生)
【問】「宗教改革を行ったマルティン・ルターは何人でしょう」→【珍答】「一人」(ドイツ人です)
【問】「好々爺は何と読むか」→【珍答】「すきすきじじい」
【問】「『ともかく』を使って短文を作りなさい」→【珍答】「ともかくんと遊んだ」
【問】「『いかにも』を使って短文を作りなさい」→【珍答】「いかにもたこにも逃げられた」
【問】「『ないがしろ』を使って短文を作りなさい」→【珍答】「絵具の赤はないが白はある」
【問】「ひもじい」を使って40文字以内の作文をせよ」【珍答】「ひもじいは川へ洗濯に行った」
【問】「冷凍食品に不足しがちなものは?」【珍答】「母の愛情」正解は栄養
2013年10月6日
 
第3弾です。
【問】「味噌汁の別名『○○○付』○を漢字で埋めなさい」【珍答】「母の味付」正解は『御御御付(おみおつけ)』
【問】「『○気○沈』の○を埋めよ」【珍答】「一気撃沈」正解は『意気消沈』
【問】「『大□名□』を完成させよ」【珍答】『大阪名物』『大義名分』
【問】「『自給□□』を穴埋めせよ」【珍答】『自給千円』
【問】「『無』で始まる三字の熟語を答えなさい」【珍答】『無人君』『無意識』や『無責任』です。
【問】「江戸時代末期、ペリーが浦賀に来航し( )した()を埋めよ」【珍答】「ペリーが来航し(ま)した」「開国」でしょう。
保健体育のテスト【問】「骨折した時ちくわで固定するのはダメな理由を述べよ【珍答】「おいしそうで食べちゃうから」正解は「柔らかいから(笑)だそうです。
【問】「魏志倭人伝」に記してある邪馬台国を統治した女王の名を書け【珍答】「久美子」惜しい!
【問】「毒食らわば○○までを穴埋めせよ」【珍答】「毒食らわばそれまで」勿論皿(さら)です。
【問】「鋭いの反対語は?」【珍答】「いどるす」
【問】「荘園制下の農民は何と呼ばれていたか」【珍答】「おい、お前」名主です。
【問】「『写真』と言う字に振り仮名を振りなさい」【珍答】「シャメ」お洒落です。
 2013年10月8日
 先日『ソチ無しオリンピック』の話題に触れましたが、聖火にとんでもない事態が起きました。絶対に消えてはいけない聖火があっけなく消えちゃいました。(笑)今迄にも消えた事あったそうですが、必ず予備の火を用意していたらしいのです。今回はスタッフらしきおっさんがライターで着けてしまった映像が世界に配信されてしまいました。(爆)勝手に火を着けたのは罪(このおっさん『ジッポッー』っぽいライターでしたので『ジッポッー犯』で逮捕とか)にならないのでしょう
2013年10月9日
『私が聞いた面白い話』
 当代【小勝】師匠が、かみさん(良いお歳だと思います)がネグリジェを着ていて、透けて見えたので「お前の乳首ってピンクだなぁ」と言ったら「あんたが吸わないからだ」と言われた。その【小勝】師が熱海のスナックでメチャクチャ歌の巧い人に遭遇…「世の中には、巧い素人が居るもんだな〜」と感心して…一夜明けて帰京する新幹線から見えたあるビルに、昨日遭遇した人の大きなポスターを発見!?『矢沢永吉』と名が記されていた(【小勝】師は矢沢を全く知らなかった)
【林家パー子】ねぇさんは、元々歌手(石坂まさ門下)で、あの【藤圭子】と姉妹弟子で、芸名は【坂みちよ】だった。【志ん橋】師は師匠(【志ん朝】師匠)から面と向かって「俺は何遍お前をクビにしよう思ったか!」と言われ「クビにすればよかったじゃないですか!!」と食って掛かったところ「お前はクビにしたら家に火をつけるタイプだから、思い止まったんだ!!」と言われた(噺家になる前はガソリンスタンドの店員でした)
【一朝】兄は見習いの弟子(今の【一左】)に「今日はご本宅にお帰りですか?」と聞かれ「俺に別宅があるのか!」と怒った(ご自宅と言いたかったのであろう)その【一左】は「干支を言ってみろ」と言われ「子(ね)〜丑(うし)〜寅(とら)〜う〜う〜」卯(うさぎ)が出ず詰まっていた。
【竹丸】さんは楽屋で、ある前座に「前座のうちは大変だろう?」と声を掛けたら「マンション持ってますから」と言われた。
【円太郎】さんは板橋の駅で、見知らぬおばちゃんから「あんた〜久し振り〜随分太ったわね〜あっご免なさい人違いだった」と言われた。
【喬太郎】さんの所へ女連れの弟子志願が来て、女に「ほらぁ〜早くお願いしちゃいなよ〜」と尻を押された。(当然断った)
【正朝】兄に弟子志願が来て、話を聞いて「あなたの話からすると別に私の弟子に成りたいわけでは無いのかな?」と尋ねたら「あなたの弟子でも構いません」と言われた。
【栄枝】師に弟子(今の【百栄】)が来た際に、余り親しくもない噺家に電話して「うちに弟子が来たんだけど、前座の内預かって、二つ目になったら返してくれないか?」と虫の良い依頼をした。
【しん平】兄は【三平】師に入門する際「私をあなたの師匠にして下さい!」と言ってしまった。
2013年10月10日
 
 今回は『聞き間違い』です。有名なのが『巨人の星』の主題歌「♪〜思い込んだら〜試練の道を」→「♪〜重いコンダラ〜」(グランドをならすローラーをコンダラ〜だと思ってた)
『ゲリラ雨』→「下痢ラーメン」(尾籠【びろう】ですいません)
『小学生の子供達との交流会』→「小惑星の子供達との交流会」(未知との遭遇!?)『のぞみです』→「ロドリゲス」『生協行く』→「性教育」「鼻かみたい→『裸みたい』『トンコツラーメン』→「ポンコツラーメン」(【きく姫】ちゃんがラジオで言っちゃいました)
『傷痍軍(しょうい)人』→「醤油(しょうゆう)軍人」(これも【きく姫】ちゃん)『他でもなく』→「お金もなく」『ゼクシイ』→「セクシー」(【小朝】です)『リスのマーク』→「キスのマーク」『パンジーをプランターに植える』→「チンパンジーをオランウータンに植える」『髪型変えた』→「カビが生えた」『子宮筋腫』→「至急禁酒」「消毒液」→『ショートケーキ』『滲(にじ)んできて』→「20円切手」『死人に口なし』→「尿瓶に口なし」(どうやって使う?)『白内障がダンスを踊る』→「櫻井翔がダンスを踊る」
2013年10月13日 
 
ちょっと美味しい「言い違い・聞き違い」です。
 誤『海のもずく』正(藻屑【もくず】)※誤『けんもそぼろ』正(【けんも】【ほろろ】も雉の鳴き声だそうです)※誤『ぎょうざととこぶし』正(【行者】と【山伏】です)※誤『就業ピザ』正(【ビザ】です念の為…)※誤『れんこん一滴』正(乾坤一擲)※誤『こんぶ候補生』正(幹部)※誤『たらば大樹の陰』正(寄らば)※誤『かつどん限界』正(活動限界)※誤『シュウマイ監督』正(相米慎二)※誤『にんにくトレーニング』正(筋肉)※誤『みずたき案内人』正(水先)※誤『シャケのベービー』正(【イクラ】じゃありませんシェイク・イット・アップ・ベイビーの内田裕也流です)※誤『うどんな奴』正(【うろん】又は【愚鈍】)※誤『あなご肌』正(姉御)※誤『親のたたき』正(仇)※誤『まぐろのさんま』正(【目黒】ですから)※誤『キャビア・アテンダント』正(ファーストクラスに居るかも?)※誤『あんずとすし王』正(【安寿】と【厨子王】)※誤『なか卵』正(なか卯【なかう】ですが結構間違えてます)
2013年10月14日
 
やっちゃいました!?
 タクシー運転手を殴ったなどとして、警視庁玉川署は13日、サッカー元日本代表の【前園真聖】容疑者(39)を暴行容疑で現行犯逮捕した。同容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているという。逮捕容疑は13日午前9時15分ごろ、東京都世田谷区等々力の路上でタクシーを降りた際、タクシー運転手の男性(45)の右頬を殴り、太ももを蹴った疑い。同容疑者が料金を支払わずに下車し、運転手と口論になったという。【前園】君はペットのミニ豚を愛する、温厚な男らしいのですが、魔がさしたにしろ『タクシーは乗る前に手を上げる』もので『サッカー選手が手を使っちゃ駄目』だし『ボール蹴らず運転手蹴ってどうする』です。
 その昔「俺は殿様なんだよ!」とか言ってタクシーで暴れた元NHKアナウンサーが居ましたが、名前も忘れました…確か徳川の血筋まさに『松平までの恥』です。「酒は飲んでも飲まれるな」
2013年10月15日
 身体に関する噺しシリーズ
『心臓』からです。『心臓』を移植された人間に、記憶が移ったケースがあったそうです。外国でのお話ですが、ある女性が心臓移植を受け、夢(バイクに乗っている若い男が出てくる)を見る様になり、ドナー(本来は証さない決まり)を辿ったら…夢に出て来た男性だった!心臓にメモリー機能があるのでは?【三遊亭歌之介】さんが若い頃、酔って警官と口論になり「腰の拳銃でおいの心臓ばうっちみろ!!」(鹿児島弁)と右の胸を叩いて啖呵を切った。心臓が左にあるとは知らなかったそうです。
 プロ野球の西武ライオンズが全盛期…ある試合で助っ人『デストラーデ』が、デッドボールを食らってカッカしていると、チームメート『石毛』が来て「チェンジ・ユア・ハート」と耳元で囁いた。リラックスした『デストラーデ』は見事ホームランをかっ飛ばした…『石毛』は「気持ちを切りかえろ」と言ったつもりだったが「チェンジ・ユア・ハート」=「心臓を入れかえろ」だった。笑ってリラックス出来たから結果オーライ(爆)因みに『石毛』『中畑』は共に『駒大野球部OB』で、恩師太田監督曰く「二人とも脳が筋肉で出来ている」そうです。
2013年10月18日
 
「最近のテレビはつまらない!!」とお嘆きの方に『若大将ゆうゆう散歩』をお薦めいたします。大スター【加山雄三】氏の自由奔放な発言が爆笑を誘います!
 下町の「甲冑店」(本物の兜や鎧を販売)へ入るや否や→『誰が買うの?』(お客がいるから営業してるのでは?)※卵の専門家に→『有精卵は無精卵より美味いよな』(全くそんな事は無いそうです)※豊洲「ここは都内でキャンプやバーベキューが出来て、親子で安全に遊べる公園です」とアピールする関係者に→『蚊は出ないの?』※京都の肉屋さんで「ようやく高い近江牛を、安く提供出来るコロッケが出来ました」と差し出したご主人に→『近江牛はそのまま食べた方が美味いのになァ〜』(長年の努力を全否定!!)※高額だけど役立つ介護マシーン(全自動で入浴出来る)を見た感想→『車が買えるよな〜』(小学生のコメント!?)※四谷のお寺「これが服部半蔵の墓です」と案内した住職に→『服部半蔵って物語の人物だと思ってたよ〜』(幼稚園児のコメント!?)※持ち帰り専門、庶民的な鰻屋にて→『鰻はよく家で食べるよ、しゃぶしゃぶにしてな〜』※歌舞伎座のそばに店を構えるカツラ屋で「うちは踊りや大衆演劇のカツラを拵えてます」(=歌舞伎座には出入りをしてません)とおかみさんが言ってるのに→『ここで商売出来るのも、歌舞伎座のお陰だな〜』とまとめるスター加山※赤羽の西暦700年頃にはあったと言う神社にて…神官が案内しているすぐ下を新幹線が通ったのを見て→『この神社は新幹線より古いの?』(新幹線が紀元前からあると思っていたのかも?)※売り物の鰹節を差し出した乾物屋さんに→「ソウダカツオか〜俺釣りやるけど外道だから棄てるよ」(商売もんにケチつけちゃった)※「うちのオリジナルの冷凍焼き芋は、大塚で一番と評判です!」と自慢の店主に→一口食って『芋は芋だな〜』(そりゃ芋は芋でしょうが…店主が凍り付いてました)※『お台場は東京のど真ん中』(皇居か真ん中だと思います)※長野の加山さんより年配か?の傘屋の主人に→『傘職人なのに背広を着ているのかい?』(職人さんは背広着てはいけないの?)※昔ながらの商店にて→『五つ玉そろばんは必要か?』(商売において、繰り上がりは「高値、値上がり」を忌み嫌い、四玉そろばんをつかわず五つ玉そろばんを使用した」そうです。尚→五玉二つ、一玉五つ、合計して七ツ玉そろばんと言い、現在は「中国そろばん」として、現役だそうです)※軽井沢にて「ここもシャッター通りだ〜何だガレージか」※ 一応散歩の途中で、ブラっと何処かを訪ねるのが売りなのですが…造幣局へ言った際のまさかの一言『予約した加山です!』これからも目が離せません。
2013年10月20日
 噺家の『お金にまつわる話し』です。
 当代【橘家円蔵】師は「自動車は現金で買う」主義だったそうです(どうしてもローンを組んでくれと頼まれたので、今の車は初めて渋々分割にしたそうです)
 五代目【柳朝】はサラリーマンの初任給8千円位の時代に、月4・50万稼いでいたそうですが、同時期「綴り方教室」の【痴楽】師は200万以上だったそうです!
 先代【小さん】師がタクシーに70万入りの財布を忘れて話題になって、一週間もしない内【柳朝】が90万入りの財布をタクシーに忘れたとニュースになりました(楽屋ではわざと説が…)
 当代【金馬】師から「柳朝さんには恩義がある」と、患ってから8年間、春と秋にお見舞い(まとまった金額)を戴いてましたが、師匠が亡くなって【おかみさん】が「もう結構です」と辞退しても尚「気持ちだから」と、おかみさんが亡くなるまで(都合21年)続きました(律儀等と言うレベルではありません!!)
 【柳朝のおかみさん】が患って緊急入院した病院が余りにもセコいので【小朝】が怒って『順天堂病院特別室』(1日8万8千円)に転院させました。師匠が患っている時兄弟子【小朝】【正朝】それぞれ「賞を戴きました」と賞金をそのまま持って行きました(私は北海道土産の毛ガニで勘弁してもらいました)
【談志】師は貯金通帳を持ち歩いていました。限度額一杯を何冊も!?
 あの【三平】師(勿論先代)は、お年玉の相場が百円の頃に千円を配っていて、正月二日に前座に上げようとしたら「昨日頂戴しました」と言うのに「だぁ〜今日は初めてだから」と決して引っ込めなかったそうです。更に一万円の袋も用意してあって、テレビ関係者等に配っていたそうで…
 【しん平】兄さんが前座でお供していた時、近所の子供が寄って来たので「だぁ〜しん平、皆にお年玉上げて」と言うので「ハイ並んで三平がお年玉上げるか」と結構な人数の子供達に、袋を間違えて一万円の方を配ってしまって、流石に師匠に叱られたそうです(爆)
2013年10月21日
 
お金にまつわる話し2
【志ん朝】師が二つ目になった際【さん生】(現【川柳川柳】)【円之助】の二人の先輩が「どうしても祝いたいと」無理矢理立呑屋(通称『かぶと』)へ引っ張り出し、払いの段になるや「どっちが後2円出すか」で喧嘩にったそうです…結局「頼みますから、あたしに払わせて下さい」と【志ん朝】師が全部支払ったとの事です
 【一九】兄が先代【正楽】師の葬儀に行った際(春日部の駅から遠く、また大炎天下の日)車をコインパーキングに停めておいたので、汗だくの胸ポケットから千円札を出して精算機に入れようとしたら、半分だけ吸い込まれ、結局倍払うはめになったそうです(笑)
【林家源平】兄が、小銭しかないけど「酒が呑みたい」と、近所の自販機でワンカップでも…「必ず一本づつ取り出して下さい!」と書いてあったのに、二本連続で購入したので、二本とも割れてしまった(爆)ビンの欠片を片付けていると、店から親父が出て来て「何やってるんだ?」経緯告げると「ここの書いてあるだろう!ちゃんと片付けてくれよ」と叱られる有り様。ふと見ると自販機の下に100円玉が落ちてるではあ〜りませんか!?「しめた!せめてタバコでも」とタバコの自販機に拾った100円入れて、自腹の100円入れようとしたら落としてしまって、自販機の下とかに手を入れたりしてたら…又親父が出て来て「さっきから怪しい野郎だ!警官呼ぶぞ!!」と脅されて、逃げ去ったそうです(大爆笑)
【談志】VS【毒蝮三太夫】余りにも有名なエピソード…4人で割り勘と言う約束で食事に行き、支払いの段に「【毒蝮】全部てめぇが出せ!」と【談志】師「割り勘の約束だろう!!」の【毒蝮】氏の反論に「全部出せばてめぇ一人が不愉快で済むんだ!!」
【柳家小三太】兄さんが、知人の葬式に行き、バスが迎えに来ていたので乗り込み…受付で香典出して、焼香の際遺影を見たら知らない人(爆)あわてて受付戻って「すいませ〜ん、さっきの香典返して下さい!」史上最速の『香典返し』
2013年10月23日
 お金にまつわる3です
 私はかつて「兎に角予算が無いのですけど」「では5万で如何ですか?」「検討させて下さい」…後日「勢朝さん検討の結果3万円分お願い出来ないかと言う事に…」と依頼を受けた事があります
 我々の符丁(業界用語です)で数字の7を『たぬま』(田沼意次の紋が七曜星6は『さなだ』真田の紋で六連銭から)と言いますが、あるラジオ関係者から「ギャラ『たぬま万』しか出せないけど」と依頼をされ「7万円ならまぁ良いか」と請けたら、後日「確認だけど『たぬま』って4だよね」と言われました(因みに4は『ささき』です)
【竹丸】さんとラジオ・レギュラーをやらせて戴いていた時、ギャラが一月分余計に振り込まれていた事がありました。担当ディレクター【Tさん】に告げると「ああ〜間違って入れちゃった…面倒くさいから良いや!」と二人ともいつもより余計に頂戴しました!古き良き時代のお話しです。
【円太郎】さんはバブル絶頂期…ある仕事の二次会で、素っ裸で走り廻っただけで、200万祝儀が集まった事があるそうです。それを見ていた【山本譲二】が負けじと、素っ裸で「みちのく一人旅」を披露して、もっと集めたそうです(爆)
 柳朝が亡くなった時、若い葬儀屋が「どのように…」と恐る恐る【小朝】に伺うと「どのようにも、このようにも【柳朝】が亡くなったんだから最高のでやってよ!!」とプレッシャーをかけられ、すっかり舞い上がって「550万のコースが最高です!!」と持ち掛けたので、そのコースに決まり、無事に『通夜・告・初七日 」と終わって…一息ついた頃【柳朝のおかみさん】が銀行へ行ってみたら、おかみさんの通帳に『550万』振り込まれてました(誰の仕業かおわかりですよね?)
2013年10月25日
 
番組にバンバン挟み込んで、見たくなくても見せられる…巷に溢れるCMにイチャモンつけます。何のCMか考えて下さい。
『ヤタラメッタラ【白い犬】出しやがって「尾も白い=面白い」だろうって洒落のつもりか!毎週の様にキャラクターかわるから、ついて行けないぞ!!』『ハリウッドから超一流俳優呼んで、宇宙人の設定はまだしも、缶コーヒー宣伝させるのは失礼過ぎるだろ!良くあちらのボスが許可したな』
『味覚障害の人間国宝に、食い物のCMやらせるな!』
『【菅原文太】の息子がニューハーフって、仁義がなさ過ぎだ!』
『【きゃりーぱみゅぱみゅ】』出しときゃ良いだろうって、どのCMも絵がみんな同じに見えて、何の商品なんだかわからないのは、モッタイナイだろう!!』『秋はキノコの季節なのに、めっきり【ドコモ茸】見なくなったな〜』
『【藤子F不二夫】先生が、生前中は絶対に許さなかった『ドラえもん』の実体化…フランス人の殺し屋(【ジャン・レノ】)にやらせちゃ駄目だろう』
『子役の【愛菜】と【福】に何千万払うなら、その分を客に還元しろ!』『予備校のCM…生徒集めないで、講師売り出してどうする!バラエティーもワイドショーも、何でもかんでも出やがって、いつ引っ込むの?…今でしょ。
『【マツケン】も将軍やマハラジャまで登り詰めたのに、とうとう羊に成り下がって、煎餅食ってるとは…以前は「しつじ(執事)」雇ってたろうにな〜』『【織田裕二】もドラマ全部コケて、最終的に犬役のCMで台詞もなくこれは事件だ…事件は会議室で起きてるんじゃない!犬小屋でだ!!
『【ゆるキャラ】をCMに出した時点で、最早【ゆるキャラ】では無くなる』『出来るだけ効能に個人差のないものを売ってもらいたい』
2013年10月29日
 
『駄洒落』と『洒落』です(違いがわかりますか?)
『【みのもんた】親子…息子交番…父降板』『父はスタジオのセットで収録…息子は路上の窃盗で収監』『みのもんた&ブラジャース』『みのモンタージュ写真』『セクハラはかえられぬ』『うざい会見』『みの破滅』『示談の問題で示談だ踏む羽目に』倅の件を全て金で解決しようとしたけど、被害者が示談に応じなかったので、苦渋の決断に至ったらしいです。
 『阪急・阪神半偽装ホテルズ』『愚者会見』『偽食同源』『俺たち誤表示ん族』『♪〜夏は心の鍵を〜甘くするわ〜誤表示ん』『社長は年中【でさき】(出崎)です』『現場つに処す』(全ては現場の人間の責任にする様です)『塵あくた川賞と半沢直樹賞』※『【森三中】途半端』※『♪〜マルマル  〜モリモリ〜【芦田愛菜】〜バテるかな〜』※『♪〜わたし〜【マツコ】  〜いつまでも〜マ〜ツ〜コ』※『何となく【滝川クリステル】』※『ああしろ【幸四郎】落馬しろ』『岸和田断捨離祭り』※『♪〜スマフォ〜夫をいたわりつ〜ポットは妻に慕いつつ〜』※『猫の手も仮退院』※『一つ二つミッツ・マングローブ』※『壇蜜魔の叫び』※『加山何でも雄三♪〜僕はしば漬けだな〜僕は黄身を炒る時が〜一番塩ゆでなんだ〜ワカメだろ』
2013年10月31日
  
川柳の時間です…
「カーヴィーで痩せる前に閉鎖され」「誤表示と言う度信用無くしてく」「四十七義士ではなくて偽装なり」「中華ではアミも桜も芝海老に」「某ホテル偽装の数は5つ星」「みずほ辞め暴力団に天下り」「銀行の有志がヤクザに融資して」「七十分媚びず詫びずみの吠える」「消費税上がれば下がるぞ支持率が」「マー君の主食はたぶん里田米」「マー君にゃ小人に見える巨人軍」「一年間歩いて肥った加山さん」「リーガルハイ視聴率は半返し」「大往生愛の讃歌に送られて」
2013年11月2日
  このところ野球が話題ですので『あの人が球団を持ったら』です。
 あの『みのもんた』さんがオーナーです→「もんたセクハラーズ」※『出先元社長』→「阪急・阪神ラクーン・ドッグズ」(ラクーンドッグ=狸です。とんだ狸社長でした)※『山本太郎議員』→「ストレート・レターズ」※『巷に溢れるオカマキャラ』→「二丁目ゲイスターズ」※萩本欣ちゃん新チーム→「ゴールデン・オールディーズ」(大分お歳を召しましたし)※『トミーリー・ジョーンズ』→「宇宙人ジョーンズ」※『堺雅人』→「ダブル・ペイバックス」(倍返しです…念の為)※『能年玲奈』→「ジェジェジェ・スキューバーズ」※『浅利慶太』→「キャッツ・ライオンキング・リトルマーメーズ」(決してオリジナルがないと言いたい訳ではありませんので)※『加山雄三・小倉智昭・神田正輝』共同オーナー→「ヘッド・フェイクズ」
2013年11月5日
 今回は『本当に凄い伝説』です。主役は【木久ちゃん】ただしお父さんの方【木久扇】師です(笑)事件が起こったのは『伊豆栄』上野池之端の鰻屋さんです。事件とは【木久ちゃん】が他人の靴を間違えて履いて帰っちゃったと言う、他愛ない事なのですが…間違えた靴の持ち主が【五代目柳家小さん】(名人で人間国宝)師匠だったのです。足の大きさ違う筈なのですが(そこが【木久ちゃん】たる由縁)翌日事務局長を伴い、目白のお宅に謝りに伺った【木久ちゃん】に思いも掛けない現実が「すいませんでした」「しょうがねぇなあ〜もう間違えるなよ」で済むと思って上がり込んだものの(【小さん】師匠は「あのなぁ…人の靴を履いて帰っちゃあ駄目なんだよ」と「駄目」の一点張り後は無言の嫌な流れ…途中師匠がお茶を入れ始めたので【木久ちゃん】が「有り難う御座います、お気遣いご無用です」と言うと「俺が飲むんだ」気をきかせて急須を台所へ持って行こうとすると「まだ飲むんだよ」二度しくじる始末に(爆)もう居たたまれないので「失礼致します」と席を立つと【小さん】師匠も立ち上がるではあ〜りませんか…慌てた【木久ちゃん】「お見送りは要りません」と言ったら「鍵しめるんだよ!!」謝りに行って都合3回駄目押ししちゃったそうです。亡くなるまで許して貰えなかった【木久ちゃん】「物事は履き違えるな」の有難い教えでした。
2013年11月7日
 
食品偽装でデパート総崩れ…それぞれ社名変更するべきです!!
 『三越』は「みすごし」『伊勢丹』→「にせたん」『高島屋』→「横縞屋」『そごう』→「そそう」『大丸』→「小丸」『西武』→「ニセーブ」『東武』→「ドブ」(=買い物した人はお金を溝にすてた様なもの)『小田急』→「オバキュウ」(=お客を化かす)『京王』→「KO負け」『高島屋』は創業江戸時代で、代々伝わる「店是」(てんぜ)=「商品の良否は明らかにこれを顧客に告げて、ー点の虚偽あるべからず」と言うものがあり、これを破ってしまった訳ですが…あくまでも「偽装」では無いと言い張る様です。末端の業者の性に『責任てんぜ』する腹積もりに「高島屋〜お主も悪よの〜」の台詞を思いました。今年のお歳暮商戦には大打撃でしょう『♪〜イバラの包みの高島屋〜』になってまいましたネ。
 
本当の伝説2
 ある真打披露の新宿の寄席で、口上に並ぶ筈の新真打が遅れて来ない状況(まだ携帯等ないので連絡も儘ならない)幹部の二人(我が師【柳朝】と【志ん馬】師)が言い争いに…「真打の披露目なんだから待ってやれ」と【柳朝】「遅れる奴が悪いんだから、待たない!!」と【志ん馬】師…楽屋は戦々恐々・侃々諤々!!その時【金原亭馬生】師(当時落語協会副会長)の「よし待とう」の一言が。当然【志ん馬】師「何で待つ必要があるんですか!!」と食いかかる…修羅場になるかの刹那「良いんだよ、今ここではあたしが一番偉いんだから」の【馬生】師の一言に見事に収まりました。
2013年11月8日 
 
食品偽装の輪が止めどなく波及してます。いずれも現場の知識不足とか言い逃れてますが…もし偽装ならば改名要求します(笑)どこだか推理してみて下さい。
『冷酷ホテル』(ムッシュ村上が生きてれば … )※『ホテルネークラ』(イメージが良かったけど、闇の部分が…)※『JUL(ズル)ホテルズ』※『大](ダイバツ=◯じゃなく])ますかさ屋』(インチキ素材で分量を誤魔化してた?)※『ダメダ珈琲』(安くて大盛りが売りなのに)※『実灰ランド』(遊園地でも偽装が?と疑われても仕方ない)※『銀座](ばつ)屋』(銀座では老舗なのに)※『ワルイ 』(み〜んな駅の側ってフレーズが懐かしい)※『失敬島シー級パラダイス』(D級でしょうが語呂合わせで)※『低級ホテルズ』※『日本ピューホテル』(安っぽい感じにしてもらいましょう!!)※『奈良・凡庸草葉の宿ニ笠』(星落として三からニへ)※『慢心半牛ホテルズ』※何百年…何十年築き上げた信用を落とすのが、いかに簡単かことごとく判る今日この頃です。
2013年11月11日
 【坂東英二】会見「カツラは必要経費になるが、植毛はならない」そうです。かつては『将来を嘱望された野球選手(自称ですが)』が植毛で脱税とは、いやはや…。マスコミ露出が増えちょっと『図に乗って』いたのかも?いや『頭に乗せていた』のか(笑)
 今回は「親子の絆」編です…歌舞伎界程ではありませんが、落語界も世襲制になりつつあります『【小さん】→倅→孫』『七代目【正蔵】→初代【三平】→九代【正蔵】→長男』等々。※名人【志ん生】師匠は我が子【志ん朝】師を将来名人にすべく、子供の頃から英才教育(落語以外に音曲等も習わせて)を施していたそうです(【志ん朝】師御本人から伺いました)※偉大な父三代目【三木助】の幻影に悩まされた四代目【三木助】師は、自ら命を絶つ直前…朦朧として都内を歩き回り、警察に保護されて病院へ…最後まで父親の写真を肌身離さず携帯していたそうです。余りに偉大な父だと子にも影響が大きいでしょうが…※当代【木久蔵】君の場合…その昔父で師匠である【木久扇】師が打ち上げの後、財布を忘れてお帰りになってしまった際に、その場に居合わせた【木久蔵】(当時は【きくお】)に「大変だよ、お父さん財布を忘れて帰っちゃった」と伝えたところ「じゃあこの金で何処へでも行けますね」とニヤリと笑いました。ある意味大物です(爆)
2013年11月15日 
 
「禍福は糾(あざな)える縄の如し」(災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のようにかわるがわるやって来るものだ。不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする。成功も失敗も縄のように表裏をなして、めまぐるしく変化するものだということのたとえ)
 楽天の【三木谷】オーナーを見て感じた事です…『イーグルス』が日本一になって経済効果は破格だが…優勝セールでまさかの謝罪会見をする。『らくてん→てんらく』
 【みのもんた】又々やらかす!ラジオ生で「【島倉千代子】さんの葬儀12時半ちょい前には行きます」と参列を予告。さらに「私の復帰第一作。南青山の斎場、私のカムバックにふさわしい舞台がそろったじゃないですか」などと発言し、葬儀の場を「カムバックの舞台」などと表現したことに対し、ネットで非難ごうごう、関係者も憤り結局通夜参列に変更(絶好の舞台が絶交の舞台に)【島倉】さん『人生いろいろ』【みの】『人生エロエロ』
 【坂東英二】都合の良い会見「植毛に金がきった!カツラじゃないから経費で落ちなかった」の名言を吐きました(笑)洒落で言っているなら面白いですが、真面目に語った様です。明らかに「頭のすり替え」紛れもない「現実逃避」です!!「現実頭皮」か?
2013年11月18日
  
今年亡くなった芸能人を勝手に川柳で偲びます(敬称略)
「人生に色々あったねおっ母さん」《島倉千代子》(【美空ひばり】に実の妹の様に可愛いがられ、59年の歌手生活で唯の一度も口パクをしなかったそうです)
「極楽で越路吹雪に新曲を」「蓮台(ウテナ)まで本田美奈子も出迎えに」《岩谷時子》(【越路】のマネージャーから出発(一切マネージャーとしてのギャラを取らなかったそうです)
【本田美奈子】を越路の後継者にすべく目に掛けてましたが…数々の名曲は永遠に歌い継がれます)
「後三回生まれ変わるぞアンパンマン」(生前中の本人の弁です「三回生まれ変わっても食える位『アンパンマン』は稼いでくれた」とか!?まさに夢の産物です)
「鉄人とはまさにこの人哲治氏」《川上哲治》(永遠に不滅のV9監督)※「コロンボの二代目人生お宮入り」《石田太郎》(コロンボの声優でお馴染みでした)※「千兵衛とラオウ同時にバイチャして」《内海賢二》(独特の声でした)※「グランドで暴れまくった江戸気質(かたぎ)」《土橋正幸》(江戸っ子丸出しな方でした)※「四十五十六十とあたしの人生・・・(転々点)」「名曲と宇多田遺して蝶は舞う」《藤圭子》※「侍を二匹残して桜散る」《長門勇》(『三匹の侍』で【桜京十郎】役でした)※「完璧に脇を固めた名役者」「死して尚5本の映画スタンバイ」《夏八木勲》※「永遠に戻る事なき帰り船」《田端義雄》※「世相斬りウクレレ侍切腹す」《牧伸二》※「名優の遺伝子遺し巨星墜つ」《三國連太郎》※「幸福の花嫁のまま旅立てり」《坂口良子》※「銭形のとっつぁんルパンと再会し」「今度こそさらば地球よ船は逝く」《納谷悟朗》(もう…ヤマト艦長復活はありません)
2013年11月19日
 今朝テレビでフジの某女子アナが「ポルノグラフィティの曲はどこかで『耳覚え』のある…」明らかに『聞き覚え』の間違いなのですが『耳覚え』が若者に定着しつつある様です…そこで『本当に良いのかアナウンサー?』です。
「上岡龍太郎にはダマされないぞ」で、以前「旧中山道」を「1日中山道」(いちにちじゅうやまみち)と読んだアナ(【中井美穂】という噂)がいたという話題で、上岡龍太郎から同じ文字を示された【有賀さつき】は「きゅうちゅうさんどう」と読んだ。
 ニッポン放送・某女子アナが「船頭」を『ふながしら』と読んで、高田文夫から「それは『せんどう』だよ」と笑われていた。
 「スタミナという言葉がどこの国の言葉であるか」の話題の中で「サッカーでいう"スタメン"は、"スタミナ"から来ているのかしら」と言い、吉田照美から「バカヤロー、"スタメン"というのは"スターティングメンバー"のことだよ」と思いっきりバカにされていた。
 その【吉田照美】は、番組への投稿で「照美さん、少し生温いんじゃないですか!」を『なまあたたかい』と読んで、某女子アナから『「なまぬるい』と訂正されていた
 TBS早朝の【みのもんた】の番組で、某女子アナが、ファックスの文面を「なお『シタキ』のとおり」と読んだ、【みのもんた】が「あのさぁ、いま『シタキ』って言った?『カキ(下記)』だろう、カキ。びっくりさせないでよ、もぉ」某女子アナは後日も「猫が原因でファックスから出火」の記事で「出火の原因を調べたら、飼い主のおしっこ……あれ? すみません!飼い猫のおしっこが原因でした」後でみのもんたが、「飼い主の方、どうもすみませんでした」と謝っていた。
 お昼の「文化放送」で伊東四朗が、「高校時代に校内マラソンでインチキをして、教師から殴られた」との話しを聞いて某女子アナ「それが伊東さんの『陰部』なんですね?」吉田照美「おいおい、お前そんなに伊東さんの陰部に興味があるのかよ!」水谷「いや『暗部』の間違いでした」
 TBSの某女子アナは、自動小銃を『じどうこじゅう』「助平」→『スケダイラ』「寒空」→『かんくう』「古傷」→『ふるしょう』「大正琴」→『たいしょうきん』「原色」→『はらいろ』とも読んだらしい。
 中部日本放送の某女子アナは、ラジオショッピング中に「市松模様」を『いちもつ模様』と言い間違えた。
 元日テレの【柴田倫世】(松坂大輔夫人)は、中村紀洋の紹介で「浪速(なにわ)のホームランバッター」を「ろうそくのホームランバッター」と読んだらしい。
2013年11月20日
『まだまだあるぞアナウンサー』
 釜山の爆発事件の報道のときフジ「射撃場」を「射殺場」と言い間違えたそうです。※毎日テレビの某女子アナは、震災特番で「糸魚川(いといがわ)」を「いとうおがわ」と読んだとか?※日テレ某女子アナは「小石川」を「こいしがわ」「古事記」のアクセントの語尾を上げるので「こじき↑」ホームレスの発音になってました(3回も)※『ブロードキャスター』で「汚名挽回」と言い、一年くらい後同番組内でまた「汚名挽回」と発言。TBSの「Doors」でも【「汚名挽回」と叫んでいたそうです(正しくは「汚名返上」か「名誉挽回」)※フジ某女子アナが「ヤンキースvsレッドソックス」第5戦と読んでいた時「レッド・セックス」と読んだが、次の日「レッド・セックスいやソックス」と言って、二日連続のレッド・セックス発言(フジではセなのでしょうか?)
 天下のNHK某女子アナは…高齢を理由に退位すると表明したローマ法王・ベネディクト16世について『終身制』の法王が異例の退位を行う、ということで同番組でも一大ニュースとして取り上げた。その際に「本来『終身刑のローマ法王が」と発言…大問題に!?
 日本は平和なので何とか笑い話で済みますが…北朝鮮の国営放送「朝鮮人民テレビ」で、同局の男性アナウンサーがニュース原稿を読み間違えて放送。駆けつけた人民軍兵士によって生放送中のスタジオで即座に射殺される事件があったそうです!?…事件が起こったのは夜10時の「ニュース放送」の時間。機関紙「労働新聞」の社説を紹介するコーナーで、男性アナウンサーは、同国が「衛星」と称する長距離弾道ミサイルについて、米中露韓など関係各国が発射撤回を要求していることに対する党見解を読み上げていた。この際、本来なら「わが国の衛星をミサイルとして撃墜するような事態が起これば、ソウルや東京を一瞬にして無慈悲な灰燼(かいじん)に帰す無慈悲な鉄槌を、金正恩同志を抱く我らが人民軍は無慈悲に下すだろう」と言うべきところを、誤って「無慈悲な金正恩同志」と読み上げて放送した。アナウンサーは「無慈悲な金正恩同志」という取り返しのつかないミスを犯したことに気づいた途端、声が震えはじめ、まもなく無音の状態が続いた。控えていた別のアナウンサーがあわてて原稿の残りを読み上げたが、その数分後、人民軍兵士2人がスタジオに乱入。一人が男性アナウンサーを羽交い絞めにし、もう一人がピストルで男性の頭部目掛けて発砲。男性はこめかみから血を流しながら、そのままデスクに崩れ落ちた。これら一連の様子は北朝鮮全土に生放送された…そうです!?
 勿論許されざる出来事ですが…日本には命懸けでニュースを読む位の、気概あるアナウンサーはいないのでしょうか?
 2013年11月21日
 
ブラックジョークの定番『良い知らせと悪い知らせ』をお送りします。
 産婦人科医「良いニュースがありますよ、ミセス・ボンド」女性「失礼ですが、私はミス・ボンドです」医師「でしたら、悪いニュースがあります」※トム「ジョン、君に良い知らせと悪い知らせがあるのだが…まずは君の妻が交通事故にあった」ジョン「そうか…で、悪いほうの知らせというのは?」※看護士「いいニュースと悪いニュースどちらを聞きますか?」患者「悪いニュースを」看護士「あなたは病気です」患者「じゃあ良いニュースは?」看護士「先生は、あなたの病気にあなたの名前をつけるそうです」※弁護士「良い知らせと悪い知られが…」依頼人「悪い方は?」弁「現場のDNAや血液鑑定からあなたが殺人事件犯人である事が、間違いないと判明しました、死刑は免れないでしょう」依「じゃあ良い方は?」弁「血液検査からあなたは全くの健康体だと判明した事です」※大の野球好きのトニーが80歳で死んだ。葬儀の翌日、同じく野球好きの親友デビッドの枕元にトニーが現れて言った「デビッド、良いニュースと悪いニュースがあるぜ」「トニー!君なのか?」デビッドは親友との再会を喜び、言葉を続けた。「で、良いニュースって何だ?」「聞いて驚くなよ。天国でも野球が盛んに行われているんだ。俺も1つのチームに入ったんだぜ」「そりゃすごい!で、悪いニュースは?」「明後日の予告先発は君だ」※ある画家に画廊のオーナーから電話がかかってきた。「君に良いニュースと悪いニュースがある」「まずは良いニュースだ。今日画廊を訪れた紳士が、君の絵が君の死後に値上がりするかどうか尋ねてきたので、たぶん値上がりするでしょうと私は答えたんだ。すると彼は預かっていた君が描いた15枚の絵を全部買っていったんだ。」「それは素晴らしいニュースですね。ところで悪いニュースというのは?」「その紳士は君の主治医だったんだ…」※良「我ら『おもいっきり空気を吸い込む会』海外開催が決まりました」悪「行き先は中国です!」…続けて『良い事と悪い事』バージョン→※〔悪〕「高校出ても数が10迄しか数えられない」※〔良〕「ボクシングのレフェリーに採用された」※〔良〕「我が子が間違いなく相撲取りになれる程の体格していて、大の相撲ファンである」〔悪〕「女の子だった」※〔良〕「何年も音信不通だった息子が突然帰って来た」〔悪〕「娘になっていた」※〔悪〕「自分の妻に毒を飲ませた」〔良〕「『どくだみ』だったので前より元気になった」※〔悪〕「娘がやくの売人になった」〔良〕「ヤクルトおばさんだった」(ユーミン発言が元ネタです)※〔良〕「地獄見学ツアーの往復切符が手に入った」〔悪〕「復路のチケットは期限切れだった」※〔良〕「ある役者が芝居の初日に、贔屓筋から沢山野菜の差し入れを貰った」〔悪〕「全部大根で、その芝居を途中でおろされた」(大根おろし)
2013年11月22日
 
 勝手に座右の銘を送ります。
 「頭隠して腹隠さず」【加山雄三】さんへ(丸一年以上毎日の様に散歩しているのに、お腹が出て来る不思議な若大将)※「頭隠して支離滅裂」「頭隠して私利も隠す」【坂東英二】さんへ(ゆで卵食べ過ぎで、おかしくなったのでしょうか?)※「子は糟害(かすがい)」「負うた子に蹴落とされ深み」【みのもんた】さんへ※「売り相場に買い相場」【田中マー君】へ(ポスティング・システムって人身売買ではないのですか?)※「全身前例違反」【山本太郎】先生へ(何処か力の入れ所が違っている様な?)※「唯我独鮮(ゆいがどくせん)」【アントニオ猪木】議員へ(一票入れた方々どうですか?私は入れてませんので)※「前後尖閣(ぜんごせんかく)」【資源欲しさにイチャモンつけてる連中】へ※「不良不死」【何度も犯罪を繰り返す者共】へ※「出刃(でば)口ほどに物を言う」【名人の料理人か押し込み強盗】へ(道具には正しい使い道があります)※「良妻健忘(りょうさいけんぼう)」【妻の顔も忘れた呆け老人】へ(プラスに呆ける人に会ってみたいです)「語尾霧中」【やたら言葉を濁す政治家(言葉を曖昧にする輩が多すぎませんか?)】※「横領跋扈(おうりょうばっこ)」「えびす金でタイを釣る」【坂本芳信容疑者】へ(タイにどれだけ流れたのか?えびす金とは笑いの止まらない金の事です)※「全てが蝦夷ら事(すべてがえぞらごと)」【JR北海道】へ※「渇しても東電の水を飲まず」【被害者の皆様】へ
2013年11月24日
 
『暗黙の了解なのに、そこに触れるか?』シリーズです。
 『東京ディズニーランドは東京に無い』(千葉の浦安です)※『SMAPは元々5人組でない』(6人でしたが、一人オートレーサーになりました)※『本当に国民の為を思っている政治家は、案外と少ない』(矢鱈と国民の為を連呼する先生程陰では…)※『国会議員<県会議員<市会議員<村会議員<町会議員…地域が狭くなる程威張る』※『中尾彬に代表作は無い』(強いて上げれば…ネジネジ!?)※『忙しい時に、猫は手を貸してくれないが、チョッカイは出す』(チョッカイは猫の仕草が語源だとか)※『日本には正式な国技は無い』(国を代表する競技で、略して『国技』だったら「相撲」「柔道」「剣道」…「空手」も良いのでは?)※『負けず嫌いは「負けるのが好きな人」になってしまう』(正確には「負け嫌い」)※『人一倍努力しても人と同じ』(人の二倍位努力しないとね〜)※『銀ブラの語源は「銀座をブラつく」ではない』(カフェ・パウリスタでブラジルコーヒー飲む事が先だそうです)※『我が国には「放送禁止用語」等無い』(憲法で言論の自由が認定されてます…放送規制用語です)※『江戸時代鎖国等していなかった』(鎖国と言う言葉自体が無かったそうです)※『吉良の殿様はそれ程悪い人では無かった』(淺野の殿様に問題があった様ですが、ハリウッド映画に迄なったら…)※『加藤清正は大男ではなかった』(私も噺では七尺(2メートル)の大男と言ってますが、小さかった様です)※『あなたと出会う為に生まれて来たの…と言う女性は何度も生まれ変わって、違う男に同じ事を言っている』※『キャバクラの姉ちゃんは毎月誕生日が来る』※『当店は素材にトコトンこだわり、化学調味料を一切使わないと謳うラーメン屋は美味しくない』(実例があります…練馬の氷川台に)※『超有名な、学問の神様の奉ってある神社の宮司の子供は、浪人していたらしい』(やはり当人の【ちから】不足で【おつた】のかも?)
2013年11月25日
 凄い《瞬間》シリーズ
 楽屋に『柳朝』(先代)『談志』はじめ、そうそうたるメンバーが居並んでいらっしゃいました…『柳朝』が高座さながら捲し立てるのを『談志』師が受け止める…「柳朝(丁々)発止」のやり取りに楽屋は沸いてました。『柳朝』の出番となり、出囃子が鳴った《瞬間》「談志、俺は高座を片付けてくるから、逃げるなよ!!」勿論談志師はさっさとお帰りになりました(爆)※『こん平』&『木久扇』師(当時は木久蔵)との金沢での仕事が終わり、ホテルに戻り、当然の様に「飲みに行くぞ〜」メンバー『こん平・こぼん・勢朝・竹丸ら』ロビーに集まり…『こん平』師「おい、木久ちゃんどうした?」一同「今日はお休みになるとかおっしゃってました」「そうか、じゃあ行くか!」その《瞬間》エレベーターが開いて『木久ちゃん』が…「あっ木久ちゃん!」「あっ!こんちゃん」と目と目が合った《瞬間》「木久ちゃん」エレベーターのドアをチ〜ンと閉めて、逃げてしまいました(爆)※その『木久扇』師が恒例(にさせられた)浅草の主任(とり)を務めた後「打ち上げ行きましょう、何処にしようか?」と思案していると、前座さんが「師匠がお上がりの時に『こん平』師匠からお電話がありまして、打ち上げ後から合流するそうです」その《瞬間》「あっそ〜前座さん、打ち上げの店探して来て…値段も味も、どうでも良いから、入口2つある店を」(逃げる態勢万全)※『志ん朝』師が楽屋で「お漏らし」話「お腹弱くて結構漏らすんだよ」それを脇で聞いていた、女性マジシャン(大の志ん朝ファン)の目は《瞬間》点になり「師匠今のお話しは、大人になってからですか!?」に一同バカウケ!《瞬間》すかさず『円窓』師が「大人になってからですよね〜兄さん…御幼少の砌(みぎり)は粗相はなさりませんでしたよね〜」で又大爆笑でした。※立川流の誰かのパーティーで『和田勉』氏がいらっしゃり、吉川顧問から「この人は『柳朝』さんの弟子の『春風亭勢朝』さんです」と紹介されました《瞬間》「ガハハハ駄目だなぁ〜『春風亭』じゃあ売れないよ〜『松本』にしなきゃ〜『松本せいちょう』ガハハハ!!」たまたまその場に居合わせた『家元談志』師!!《瞬間》「勉!この野郎!!何だそのくだらねぇ駄洒落は、罰として明日までに駄洒落百書いて持って来い!!」稀代の名プロデューサーは、何と本当に百の駄洒落を提出したそうです。天晴れ!! 
2013年11月26日
 
NHK紅白歌合戦…何と『泉谷しげる』を大抜擢!!まさかの環境変化に死期が早まらなければよいと、勝手に心配しました…歌うのが「春夏秋冬」だけにねぇ〜(一応「死期」と「四季」が掛かってます)会見の時の格好が気に入りました、ジャンバーに穴の空いたGパン、思いっきり普段着…明らかに『小林幸子』への当て付けです(爆)また『高橋真梨子』が二回目の出場は意外でしたが、名曲「桃色吐息」を歌い上げるでしょう…『小林幸子』は「青息吐息」でしょうが(笑)では『凄い瞬間2』※NHK『小朝が参りました』で、若手を5人レギュラーに抜擢(【小朝】のごり押しで)する事になり、オーディションを受けました。珍しく【小朝】から「真剣に受けてね!」のお達しが(私的にはいつも真剣だったのですが結果「勢朝・金時・あさ市(現・玉の輔)・たい平・志雲(現・雲水)」が選ばれました。5人に付いたグループ名は『アリストテレス』…何となく響きが哲学的で良かったので「何か由縁があるのですか?」とディレクターに聞くと「かつてNHKに存在した、有望な放送作家集団が冠していた」との事で、一同「縁起が良いじゃないか、番組もヒット間違いなしだ〜」と盛り上がった《瞬間》「ただメンバー全員早死にだった」一同「滅茶苦茶縁起悪〜い」※案の定番組始まるや否や…次から次に災厄が『小朝腰痛で移動ままならず』『あさ市複雑骨折』収録前に野球やってたら『たい平』『志雲』が激突して病院へ…結果全員で神社へ厄払いに行く始末…ある収録現場の楽屋で、私だけ何もなかったな〜との話題になった《瞬間》【小朝】「勢朝はこの間入籍したよね〜それだな!」だって(爆)
2013年11月28日
 
 最新ことわざシリーズ(元のことわざ思い浮かべて下さい)
 「猪瀬あっての特ダネ」(記者連中は都知事を目の敵)「虎の金を借りる猪」「猪突慢心」※『目は口よりも物を言う」「虎の一声」(徳田虎雄先生)※「同じカマで飯を食う」(毎日おかまキャラがテレビを席巻)『毛が巧妙」(良くできたズラの利用者が急増)※「漁夫の利権」(尖閣辺りの中国漁師の言い分)※『飼い犬に足を引かれる』(反町・松嶋菜々子夫婦…飼ってるドーベルマンが隣人を襲って騒ぎに)※『みのの子は小みの』(次男は職場では『ミニもんた』と揶揄されていたとか?)※『金は演歌の回りもの』(興行の世界で、演歌がドル箱だったのは…は今は昔)※『紀信暗鬼』(【篠山紀信】は倅の芸能活動が心配?)※「昨日は人の身今日はワタミ」(食品偽装が居酒屋業界まで波及するか?)※「腐ってもタイ」(人間どんなに腐っても横領してタイ人に、貢いじゃおしまい)※『五十歩散歩』(加山雄三は多分一日五十歩も歩かない)※「多勢に無税』(お金を沢山儲けてる人程税金誤魔化してる)※「デブは食わねど高血糖」(食事制限は辛い)
2013年11月29日
 楽天マー君が表彰されまくりです。そこで私も勝手に賞を授与します(笑)『無い子に泣きはみないで賞』(この通信常連の【みのもんた】さんへ)※『そんなところだけ叔父の真似をしないで役者の部分を学ぶべきで賞』(覚醒剤所持で逮捕された若山富三郎の長男へ)※『引気際は今で賞』(【林】先生そろそ本業に専念なさったら?)※『今さら借りたはないで賞』『もしかしたら五輪招致の功績抹賞』(【猪瀬】都知事ピンチ)※『何故取り違えたので賞』(墨田区の病院へ…それにしても60年の人生台無しへの代償は、たったの3800万とは!?)※『科学調味料を小賞(少々)』(練馬区氷川台のラーメン屋さんへ)※『学歴査賞』(落語家に多いです。除籍と中退は違います○○兄さん!)※『柚こ賞』(まさに万能調味料)※『バラエティーには一切出ない方が良いで賞』(【能年玲奈】ちゃんは女優に専念すべきかと…)※『中々往生しないで賞』(○六○先生並びにナべ○○さんへ)※『あれが最期はないで賞』(某アニメ界の大御所へ)※『濃すぎないか化賞(化粧)』(勿論【デーモン小暮】閣下に贈呈します)※『大きくなったら価値ないで賞』(そろそろ子役の粗製乱造は規制しないと…身長130センチが分かれ目とか?)※『もしかしたら痴呆賞』(対象者が多すぎて選考が難航してます)※『歌手なのになぜそこまで執着する必要があるのかい賞(衣装)』(来年は紅白頑張れ【小林幸子】さんへ)※『アベノミクスって言葉だけか先行して実際は末端まで届いていないのに東京オリンピックとかでぼやかされてるのにそろそろ国民が気付き始めたで賞』(安部総理に)※『勝手に毎日の様に変な通信送り付けて来やがって読む方の身にもなってみろと思われていもやめられないで賞』(私自身に)
2013年11月30日
 
今回は真面目な話しですので、下げも笑いもありませんので悪しからず。 その昔『住友金属』が就職志望者が減ったので、イメージアップの為に、テレビCMを打ちました。【山瀬まみ】の舌足らずな(舌が長すぎるのかも?)「やわらか頭してます。住友金属」のナレーションが話題となりましたが、金属業界では「住友さん金をドブに捨てたな〜あんなもんで就職希望者が来るもんか」と嘲笑したそうです…が、翌年『住金』には2万人の就職希望者が全国から殺到したとか。テレビ効果恐るべしの象徴的な例です※公営放送NHKともなると効果ははかり知れなくなります『ふるさと愉快亭・小朝が参りました』放映時に、雑誌か何かに【小朝】が長年かかりつけの『神の手を持つ整体師』の事を語った記事が出ました…さぁ全国のNHK支局に、お年寄りから「小朝がかかっている先生教えろ」のと問い合わせが、優に数万件…「教えられません」の応対に「小朝は偽善者だ!テレビでは年寄りの味方ぶってるくせに!!」です。怖いメディアでもあります※政治家等も、テレビに出ているか否かで得票数がかわります。色々な製品は、テレビコマーシャルを打てば、何億円の売り上げが出ます。料理店等はグルメレポーターが来て「まいうー」と言っただけで、行列が出来てしまいます。元々新聞社の一機関であったテレビ局が、60年位で一国を動かす力を持ってしまった訳です。皆様は余りにテレビを信じ過ぎてはいませんか?テレビには、悪い人も出てますし、良くない製品も、多く宣伝しています。間違ったニュースも、流してます。見るなとは言いませんが「たまには生も良いですよ」と言いたいのです。寄席の前を通りかかる殆どの人が、看板を見て「知らない、知らない、見た事がない」と言って通り過ぎて行きます。「見た事がない」=「テレビに出てないものは大した事無い」と思っているのでしょうが、面白い人も出てますよ!! 試しに私を呼んで下さい。事務所もマネージャーも広告代理店も通さず、電話一本(メールでも)直ぐに呼べます。又テレビ出演のオファーも、お持ちしております(笑)以上今回は宣伝の通信でした。
2013年12月2日
 私が聞いた『今年印象に残った言葉』です。
 「台風一過だわ〜」(10月のある日上野の街角で、若い女性が空を見上げて呟いてました…台風が今から来る日でした)※「遠藤は大学で固まっちゃた」(ある相撲関係者の言葉)※「【石田純一】が靴下履かないのは【岩城滉一】に憧れたから…」※「【長嶋】さんは国民栄誉賞授与された晩、家で一人法師(ぼっち)だった」(長嶋さん本人の記念品や、夫人の遺等【一茂】が皆売ってしまったとか?)※「今の【市川猿之助】は楽屋で大変な事があったらしい…」(この通信でも書けません)※「歴代の総理大臣はアメリカから苛酷な試練を受けたらしい…」※「池袋のたい焼き屋のラーメンは歴史に残る程不味い」(【一条流家元】の弁ですので、間違い無いかと)※「落語協会事務局長は、今年初めて『饅頭恐い』を聞いて、面白い噺があるのね〜と感心したらしい」(饅頭じゃなくて、あんたが恐い!!)※「某24時間テレビは、莫大なギャラが支払われていて「寄付したいと」申し出ても受け付けないらしい」「【辛坊】さんのヨットの日程は、その24時間テレビ絡みだったらしい」(感動の押し売りは、そろそろ止めて欲しいです)※「【とんねるず】の番組は一本2000万『笑点』は1000万位の制作費らしい」(制作費半分でも視聴率が倍近いのは?)※「キャバクラにペットを持ち込む客が増えている」※「【中尾彬】は【志ん生】の孫だと言い出したらしい」(孫の夫で孫じゃないです)
2013年12月3日
 『我、流行語大賞に驚かず』の巻です。
 今年は4つの大賞となりましたが『じぇじぇじぇ』は高校生の頃から『今でしょ』は20年前『倍返し』は平成7年から私は慣れ親しんでましたので、新しくも何ともありましぇ〜ん!!※私の高校(伊勢崎商業)では、運動部は全員登下校に挨拶を強要されました。学校以外でも(例え街中でも)先輩に会ったら、誰にでも聞こえる様な大声で、直立不動「朝はザ〜ス(おはようございます)」「昼はチャ〜ス(今日は)」「帰りはサラ〜(さようなら)」それが『一人称から三人称』まであったのです(笑)先輩が二人だったら「ザザ〜ス」「チャッチャ〜ス」「サラサラ〜」三人以上は『ザザザ〜ス』『チャッチャッチャ〜ス』『サラサラサラ〜』殆どコントの世界でした(爆)『じぇじぇじぇ』何か『あまちゃん』も良いところです!!※20年以上前から兄弟子が『練馬区光が丘』で会を始め、私も何度も出演させて戴いてますし、20周年記念にも参加してます。会の名称は『光が丘IMA(イマ)寄席』そうです「落語会はいつやるの…イマでしょう!」そして落語会には『【はやし】が付き物』でしょう!※何回か前にも書きましたが…NHKの歴史に残る番組『小朝が参りました』何と毎回100歳のお年寄りが登場する画期的(超無謀でもある)な公開バラエティーで、この番組から(会話の際)下にテロップが入る様になったと言われています。「NHKでタイトルに個人名が入るのが、大河『徳川家康』以来です」が殺し文句で、小朝が受けたと伝説になりました(笑)私たち若手五人衆もそれなりに頑張り…師匠のバックアップもあり、何と「同じメンバーでもう一年!」のゴーサインが(NHKのゴールデンで2年のレギュラーは大きいです)ところが、裏でとんでも無いことがあり、当時の局長が「やられたらやり返す!倍返しだ!!」とばかりに、意地でメンバーチェンジさせらせてしまいました(【小朝】からはっきり「どこでも事実を明かして良い」とお墨付きを戴いてます)その局長こそ【半澤】さんでした(今も現役かな?)※『おもてなし』に関しては「勢朝は裏表無い奴」だと、楽屋では評判となってます…私は『おもてなし』な奴=『裏しかない』奴なのです!!大きなお世話だ。因みに私のモットーは「世の中には言って良い事と…是非言わなきゃならない事しかない」です。
2013年12月4日
 『何の略?シリーズ』
 『NHK』→「【N】二年続けて【H】引き合いなかった【K】小林幸子」「納年玲奈を・ヒロインにした・クドカンが偉い」
 『TBS』→「突然・倍返しがヒットで・【堺雅人】様々」「取り繕って・無難にこなしてきたが・さすがに終わる【はなまるマーケット】
 『NTT』→「乗りかえて・他社のも使ったが・大してドコモかわらない」『ATM(aut omated teller machine。オートメーテッド・テラー・マシーン=現金自動預け払い機)』→「あっ、おれおれ・とんでもない借金しちゃってさ〜・息子の為に振り込んでよ」(長野のF様…俺俺詐欺見舞い申し上げます)
 『JAL』→「ジャンジャン税金注ぎ込み・安定させちゃったけど・利用客は本当に満足してるのか?」
 『ANA』→「あっち(JAL)に比べると・何となくイメージは良いが・明日は我が身かも?」 
 『GPS(全地球測位システムGlobal Positioning System、グローバル・ポジショニング・システム)』→「群馬だろうが・北京だろうが・空からまる見え」
 『JIS』→「実際使って・良い製品に・信用与える」「じいちゃん・椅子に座ろうとして・スッテンコロリン」
 『MVP』→「まー君と・バレンティンで・プレイオフも独占」
 『SSK』→「勢朝は・更なる高みを目指し・気合いを入れて通信します」
2013年12月5日 
『私の理想の紅白歌合戦』です。あくまでも私の理想ですので…
 司会は(白)【加山雄三】と【生方恵一アナ】(紅)【藤山直美】(日本一の女役者)【皆藤アナ】(「ローマ法王終身刑」でお馴染みの)※スタートは勿論(白)【少年隊】(歴代ジャニーズ系全員がバックで踊る!!)で『仮面ライダー』(加山が絶叫)→(紅)一夜限りの復活【山口百恵】(バックバンドに【ダウンタウン・ブギウギバンド】コーラスに【谷村新司】と【さだまさし】)と【ちあきなおみ】(【郷^治】の遺影を持った【宍戸錠】共演)→(白)御三家揃い踏み【舟木・橋・西郷】【郷・西城・野口】このコーナーの主任(とり)は【西城秀樹】で『傷だらけのローゴ』(秀樹かんれき!過ぎてから病気続きですので)→(紅)【中島みゆき】(デビュー曲から最新曲までシングル曲をギター一本で)※(白)【吉幾三】オンステージ(いつも通りのトーク沢山で)→(紅)【高橋真梨子】(【ペドロ&カプリシャス】を従えてディナーショーそのままに)→(白)【前川清】(現【クール4】をバックにデビューからの全曲フルで)→主任(とり)は【都はるみ】を【生方アナ】が思いっきり【美空ひばり】です!!と紹介、スクリーン一杯に【ひばり】さんが映し出され『全曲メロディー』の後に【都はるみ】がオンステージ。※グランドフィナーレは天国の階段から並み居るスター(【赤木圭一郎→石原裕次郎→植木等→エノケン→尾崎清彦&豊】等等五十音順に)が、次々に歌いながら降りて来て、気の利いた一言で次のスターに繋ぐ『夜のヒットスタジオ』形式で。司会は勿論【玉置宏】先生で大主任(おおとり)は【越地吹雪】『愛の讃歌』です。※皆様もご自分紅白を考えてみて下さい。
2013年12月7日 
 笑って許しましょう→【加山雄三】さんが「手綱(たづな)」を『てつな』「この犬は愛嬌がある」を『愛嬌が良い』「女手一つで」を『女手一人で』「足は全然速くなかった」を『全然遅かった』赤坂豊川稲荷で「お稲荷さんの鳥居が乱雑に並んでる」(綺麗に並んでました)※俳優【伊藤英明】さん「人づて」を『人づたえ』※Vシネ役者【小澤】さんが「胸三寸」を『胸先三寸』※スケート解説の【佐野】さんは「神通力(じんつうりき)」を『じんつうりょく』※【夢之助】師は「御利益(ごりやく)」を『ごりえき』※【三遊亭白鳥】さんは「琴線(きんせん)」を「ことせん」(多分今でもそう思ってます)※【林家ぺー】先生は「的を射る」を『的を得る』※NHKラジオで誰かが「前生(ぜんせ)」を『ぜんせい』※日テレ【馬場】アナ「小石川(こいしかわ)」を『こいしがわ』…後は詠み人知らず※『テニスのアフロ・チワワ』「ナブラ・チロワ」※『ユニコロ』「ユニクロ」※『ピピトウとシーマン取って』「シシトウとピーマン」※『V6の【ごりたもう】』「【森田剛】もりたごう」※『下半身を越えましたので』「過半数」※』※『ハレンチコート」』「トレンチコート」※『一糸まとわぬ演技』「一糸乱れぬ」※『デメロン・ギャオス』「キャメロン・ディアス」※『骨付きガブリ』「骨付きカルビ)※『私だって肩幅狭いんだから』「肩身がせまい」※…では鉄板【三宅祐司妻】『カラオケで歌い過ぎて喉にブリーフが出来ちゃったの』『まあ花嫁さん、きれいな南京玉すだれね』『ほんとに坊主丸坊主ね』『ウソは万病の元よ』『ゴルフの滅多打ち』『四十八手間違いない』『子供とスキンヘッドですね!』家業は何ですか?と聞かれて『かきくけこ』『ノーブリーフ出しといたわよ』『どこを出しても恥ずかしく娘に育てた』『それは、ソッチの言う台詞よ!』『困った時はオアイニク様よ!』『すいません、ここ食べ食べしゃぶ放題の店じゃないんですか!?』『この温泉源泉たれ流しですよね?』無敵です!!
2013年12月9日 
 昭和を懐かしんでみましょう…「巨人・大鵬・卵焼き」{昭和中期の庶民の憧れを、ひとまとめにしたのがこれで、発表したのは【堺屋太一】通商産業省の仲間内の冗談を、26歳の【堺屋】が経済報告の会見でアドリブで口にしたもの}だったそうです※『巨人』今は巨人軍の帽子をかぶる子供を見なくなりました…私が子供の頃は、巨人軍以外は敵の球団でした。漫画も「黒い秘密兵器」「ちかいの魔球」「巨人の星」「侍ジャイアンツ」等々と巨人一色…※『相撲』も随分と様変わりしました。日本人横綱を待望されるとは、昭和の時代には夢にも思いませんでした。平成の子供に「日本人横綱が四人も居た事があったんだ」と話しても「うっそ〜やべぇ〜」でお終いでしょう(笑)【魁傑】【荒瀬】【黒姫山】【麒麟児】等の個性派が好きでした。※『卵焼き』今は100均で10個入りが売ってます。※私がご幼少頃は、テレビに大勢落語家が出てました。主に『大喜利』番組を見てました。『笑点』『お好み演芸会』『末広演芸会』『やじうま寄席』『大正テレビ寄席』等々…『笑点』見て「同じ円の字が付くのになんで【円楽】さんは面白いのに【円窓】さんは面白くないんだ」と評論する目の肥えた(笑)お子ちゃまでしたっけ。NHKの大喜利メンバーのキャチフレーズを、今だに覚えてます「座って子供立っても子供3年2組…三遊亭歌奴」「幻の噺家…三遊亭円弥」「風の噺家…桂文朝」『フランス人形…桂伸治』噺家っぽい方が多かったのですが、最近の若手は、余り噺家の香りがしない気がします。私は生涯噺家の香りの寄席芸人であり続けたいと思う今日この頃です!!
2013年12月10日 
 最近のニュースを「やんなっちゃった節」(牧伸二先生を偲んで)
 『♪〜あ〜あ〜やんなっちゃった〜あんあんあん驚いた【猪瀬都知事】がピンチだよ〜虎からお金を借りちゃった〜1億返せば良かったかもね〜【直樹】はやっぱり倍返し〜』『都知事は一年給料返上〜苦肉の策に出たけれど〜無給じゃ当然生活困る〜『徳洲会』から又借りる?〜』※『「みんなの党」もバラバラに〜盟友同士がせめぎ合い〜みんながその身を削るなら〜「かんなの党」でも名乗ったら〜』※『忠臣蔵がハリウッド映画〜主役候補に「今でしょ」【林】!?〜【林先生】予備校講師〜浪人扱い馴れている〜』※『自民党の強硬手段〜何かと物議を醸してる〜お手のもんだよ〜強硬採血〜ずっと血税吸って来た〜』※『舞台降板〜【酒井法子】〜主な仕事場パチンコ屋〜営業ドンドン廻されて〜そのうち自分ハジかれる〜』※『【浅田真央】ちゃん不眠症?〜毎晩何故か眠れない〜どうしてなのかと思っていたら〜【キム】が【ヨナヨナ】呪ってた〜』※『【高橋】怪我して【のぶなり】が〜「俺の時代」とほくそ笑む〜【羽生】が出てきて最高点〜三日で天下をゆづる(結弦)君』※『「ワイルドだぜぇ〜」の【杉ちゃん】を〜この頃あんまり見掛けない〜「何とかだぜぇ〜」は消えたけど〜消費ぜぇ〜は上がるぜぇ〜』※『【田中のマー君】大リーグ〜行けるかどうだか微妙だが〜本人それほど気にしてない〜やっぱり根っから楽天家』『ポスティング制度で揉めている〜合法的な人身売買〜金で人間買うならば〜せめて値切らず買っていけ〜』
 2013年12月11日
 『つまらないニュース』が多すぎますので『本当にあった笑えるニュース』 『超ベテランのスリが捕まったが、老紳士の背広の内ポケットを狙ったら、使い捨てカイロだった!?「何であの人狙ったんだ?」と尋問され「懐が暖かそうだったから」と答えた』(【小朝】がネタにしてます…カイロ・スリは、警察で相当揉まれる羽目になったでしょう…使い捨てカイロだけにネ)※『捕まった泥棒が、自分の犯行何百件を暗記していたので、警官が「そんなに頭が良いなら、泥棒なんかやってないで、東大に入れるだろう?」と言ったら「刑事さん、東大なんて『ドライバー』一本あれば入れます」と言った』(亡くなった【つば女】師がネタにしてました…ドライバーだけに究極の「プラス思考」です)※『スナックの二階で、密かに大麻の栽培をしていた男が捕まった…店の名が「スナック大麻」だった』(捕まる寸前に「ちょっとタイマー」と言ったとか?)※スペインのセルビアで、もともと取引していた銀行に押し入り400万円相当の現金を持ち去ったはいいが、数分後に戻ってきて、借金の一括返済をしたいと申し出た。犯人は押し入ったときとまったく同じ、赤いスニーカーを履いていたので、すぐ行員にばれてしまった(犯人は床屋で『セビリヤの理髪師』だったりして)※これから押し入るつもりの銀行に先に電話をかけ「金をバックに入れて用意しておけ。さもなければ血の海にするぞ」と脅した犯人。その後、銀行にやってきた犯人は待ちかまえていた警察に逮捕された(今度やる時は、予告なしでいきなり行こうと、深く反省したとか…『自戒予告』)※銀行窓口で犯人が「有り金を全部よこせ」と書いたメモを見せたところ、係員と客から「順番を飛ばさないように」と叱られ、何もとらずに出て行った(メモでモメ事回避、犯罪に至ったら、メモ当てられない状況でした)※スーパーに押し入り、従業員に「金を出せ」と詰め寄った上、店員に暴行を加えて逃走。ただその逃走に使った車が「芝刈り機」で、スピードが出ないのであっさり逮捕された(捕まった犯人が、ボッコボコにシバカリたりして)※犯人はラスベガスでも最大級のカジノを襲い150万ドル相当の・・チップを盗んで行った(一攫千金…人生のホームラン狙って、強盗したのに…ファールチップだったのね※最後に我が国の古き良き時代のお話しを…その頃我が国では【坂本九】ちゃんの『幸せなら手をたたこう』が大ヒット!お茶の間では、テレビと一緒に、家族揃って歌って、必ず「♪〜幸せなら手をたたこう〜」で、みんなで手をポンポンと叩いたもんです。と、ある家庭でいつも通り、手をポンポンと叩いたら…何故か押入れの中から『ポンポン』と手拍子が?開けたら中に泥棒が!?勿論その場でおさえられて御用に(爆)捕まった泥棒はすっかり改心して「まだ自分には『明日がある』罪を償って『上を向いて歩こう』」と誓ったとか誓わなかったとか。
2013年12月12日
『三行レター』年末編です。
【猪瀬都知事】へ…『オリンピック誘致の時は輝いてました☆牙のある猪神に見えました☆今は汗かきの豚に見えます』
【猪木議員】へ…『北朝鮮がお好きなのですね☆個人では良いでしょうが貴方は公人です☆もしかしたら「人生は常に挑戦ダァ〜」と「朝鮮ダァ〜」を取り違えてるのでしょうか?』
【内柴】さんへ…『上告するそうですね☆裁判の段階を上げないで☆柔道の段位を上げるべきでは?』
【酒井法子】さんへ…『相澤会長のドキュメンタリーに出てましたね☆天国の会長に胸を張って報告出来ますか?☆「今日もパチンコの営業です」と』
【みのもんた】さんへ…『県民ショーで郷土料理食べて笑ってましたね☆ひたすら冬の時代が過ぎるのを待つ☆逆風に強い【みのむし】み〜つけた』
【安倍総理】へ…『アベノミクスが流行語大賞も逃し☆景気建て直しも巧く行ってない気がしてなりません☆このままでは「アベノミス政権」並びに「二匹目のドジョウ内閣」…では?』
20133年12月13日 
 今年召された方々に『この歌を捧げます』(敬称略)
【マンデラ大統領】→「諸人(もろびと)こぞりて」『♪〜もろびと〜〜こぞりて〜送りまつれ…手話でたらめ〜手話めちゃくちゃ〜式典打ち砕きて?(世界的な名式典に水を差す、いい加減な手話が大問題に)
【三國連太郎】→「戦友」『♪〜ここは三國を何百里〜離れて遠き息子達〜』(子供は一人だった様ですが4回結婚してます)
【団十郎】「ANAK(息子)」→『♪〜お前が産まれた時に〜父さん母さん達は〜どんなに心配した事だろう…お前は大きくなり〜六本木辺りであばれる〜私達はとまどうばかり〜あの時のお前を止めることは〜誰にも出来なかった』(伜【海老蔵】には手を焼きました)
【大島渚】「渚のハイカラ人魚」『♪〜渚のハラダチ乱行〜野坂とぶつかりドシバシ』
【川上哲治】「おばけのQ太郎」『♪〜きゅう〜きゅう〜きゅう〜V9のきゅう』
【納谷悟郎】→「銭形平治」『♪〜男だったら〜一つにかける〜かけて〜ルパンを追いかける…誰が呼んだか誰が呼んだか〜銭形警部〜』
【夏八木勲】→「ギンギラギンにさりげなく」『♪〜ギンギラギンに〜いぶし銀〜そいつがお〜れの生き方〜』
【サッチャー】→「さっちゃん」『サッチャーはね〜マーガレットと言うんだ本名はね〜だけどお堅いから〜鉄の女って呼ばれたよ〜』
【鳩山の母(安子)】→「ウルトラマンタロウ」『♪〜鳩山の父がいる〜鳩山の母がいる〜やたら倅に金あげた〜バカになる〜アホになる〜世間からズレる〜』
【相沢会長】「とんぼ」『♪〜ピーピピー〜のりぴー…ろくなもんじゃねぇ〜』
【田端義雄】「ギターを持った渡り鳥」『赤い夕日よ〜燃え落ちてる〜…(台詞)今飛んでった渡り鳥は雄かい?雌かい?勿論「お〜スッ!!」』
【岩谷時子】→「いい日旅立ち」『雪解け〜間近の〜吹雪待つ空向かい〜…いい詞〜たちまち〜(愛の讃歌も一晩で)』
 
皆様御冥福をお祈り致します。
2013年12月14日  
 歳の性と性分と重なって、どうしても気になる事が(多々あるのですが)
 5・6年前に、練馬の『セブン・イレブン』に行ったところ「豪華散弾銃発売中!!」と店内アナウンスが!?「我が国のアメリカ・ナイズも極まったなぁ〜、とうとう銃器まで、コンビニで売る様になったのか」と愕然としましたが…よくよく聞けば「お節料理の三段重(さんだん・じゅう)」聞き慣れない言葉でした。そして今朝、塩原温泉で見た、テレビの通販番組で「お節料理のよんだん・じゅう」(よりによって【森公美子】プロデュース…歌が本職じゃねぇのか?)声に品のないナレーターが「よんだんめには」…そもそも{重箱(じゅうばこ)とは二重から五重に積み重ねられた、料理を入れる箱である。四季を表す四重が正式とされる。4段目は四の字忌避で「与の重(よの・じゅう)」と呼ぶ}との事です。つまり我が国には「よんだん・じゅう」と言う言葉は存在しないのです!「よの・じゅう」せめて「よだん・じゅう」です…縁起を担ぐお国柄、一年で最もめでたい{『めでたい』「めで」は「賞賛する」といった意味の「めづ(愛づ)」の連用形。その「めで」に、程度の甚だしいさまを示す形容詞「いたし(甚し)」が付いた「めでいたし」の縮約形が「めでたい」で「賞賛する以外にないほど素晴らしい」が原義}品物を売るなら、その辺は違えてほしくないものです。蛇足ながら「お節」は{「御節供」(おせちく、おせつく)」の略であり中国から伝わった五節供の行事に由来する。奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。お現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。この五節会の儀を一般庶民がならって御節供を行うようになったものと考えられている。もともとは五節句の祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになったのだそうです。今回は『重箱の隅をつつく』回でした(いつもの事か?)
2013年12月15日   
【マンデラ】大統領の追悼式で、インチキ手話通訳した【タンサンカ・ジャントジェ】…もし罪になるとしたら、何罪になるかはわかりませんが、判決は『懲役32年』でしょう…『しゅわ(4×8)32』我が国の刑法は大正時代に出来ていて、複雑でわかりません。そこで『こんなのも罪かしら?』
 ジメジメジトジトと湿気の様にまとわりついて、人を追いつめて死に追いやった場合→『加湿致死罪』※耳元でズーっと民謡を歌い続けてノイローゼにして人を殺した場合→『ソーラン罪』※ずぶの素人を芸者と偽り、座敷に出して儲けた場合→『妓娼罪』※無理やりオシッコ我慢させて、病気にしたりした場合→『膀胱罪』(但し殆ど『しっこ猶予』に)※過剰な香水使用で、息も出来ない位まわりを脅かした場合→『芳香罪』(実際にいます、香水つけ過ぎなオバちゃん)※今の時代に未成年を給料も払わず、小僧扱いしてこき使った場合→『奉公罪』※お葬式に参列する振りして、香典泥棒…更に窃盗物を隠した場合→『焼香隠滅罪』※野球賭博を強要して「今日は絶対勝ち投手になれ!」と脅迫した場合→『今日勝つ罪』※「俺は今日はトコトン飲む、戻しても飲む!」と宣言して、本当にリバースして周りに迷惑をかけた場合→『今日吐く罪』※恋人でも無い女性に、無理矢理自分の使った歯ブラシで、歯磨きさせた場合→『共用罪』(元は『強要罪』です…念の為)※ピストルとかで脅して、無理矢理結婚迫った場合→『銃婚罪』※ワイシャツだけ着用して、後は何も身に付けつず、往来を闊歩した場合→『公然ワイシャツ罪』※大銀行のグループだと偽り、サラ金なみの金利で金を貸した場合→『銀行勧誘罪』(元は『淫行勧誘罪』です)※放置された死体を勝手に飾りたてて、惚れ惚れする様に変身させたりした場合→『死体粋罪』※変な相手を斡旋したが為に、殺人事件に結びついてしまった場合→『紹介致死罪』※事件現場を、女の格好して荒らしてしまった男の場合→『現場女装罪』(元は『現場助勢罪』です)※クレージーなパフォーマンスで有名なバンドばかりを集め、路上ゲリラ・ライヴを企んだ場合→『狂気準備集合罪』(『凶器準備集合罪』ってあるんです『凶器準備結集罪』ってのも)※掟と称して、生身の人間を生け贄にした場合『部族罪』(『侮辱罪』です蛇足ながら)
2013年12月17日  
 
ベストセラー間違いなし!?『あったら読みたい?』シリーズ
 『モンタ・クリスト毒伯(偏屈王)』(勿論【みのもんた】様の自伝的小説…毒舌で鳴らし、地位も名誉も得たのに、セクハラや、倅の不祥で世間から排除される数奇な運命「自分は無罪だ」と訴えるものの…)※『散歩の別人』(普段は凡庸な主人公が、散歩に出かけると豹変して上から視線でバッサバッサと、世間を斬りまくる痛快ドラマ…映像化の際にスター【加山雄三】を想定した作品)※『真・暴れん坊将軍』(北の国の将軍様主演の、痛快時代劇…身内と言えどもバッサバッサと斬り捨てる!?)※『猪木の母Aと猪瀬の母ホワイト』(例のお騒がせ【W猪】の母親を通しての回顧録)※『手は口ほどにもの言わず』(南アフリカ【マンデラ大統領】追悼式のインチキ手話通訳の真相)※『加齢なる一束(いちぞく)』(老いても意気軒昂、過去の栄光に固執する【中曽○康○】【○辺○雄】【○六○】【徳○虎○】らの異形)スピン・オフ『我が巨人軍は永遠に仏滅です』※『私は下位になりたい』(常に追われる立場の人間【イチロー】や【武豊】【羽生善治】らの本音を暴露)※(舞台は荻窪、登場人物は【おぎママ】や【おぎやはぎの小木】【荻野目慶子・洋子】【荻島真一】みたいな人物ばかり、登場人物【荻野】【荻原】【荻山】【荻沼】【荻谷】【荻生】…)→『渡る世間はおぎばかり』 
    
2013年12月18日 
 
【猪瀬都知事】が、カバンに5000万無理矢理押し込む姿が大評判です!「無理矢理カバン」繋がりで『エスパー猪瀬』と命名される始末に大笑いです…人間50年程生きて来ると、色々な事学べます。
 『家庭用のうどんや蕎麦(パスタ類も)等は、書いてある茹で時間茹でる必要はない』(1分位煮立たせて、ふたをして表示の時間よりちょっと早い位で絶妙です!…今までのガス代・電気代返して欲しいです)※『人の上に立つ様になると、下が立たなくなる』(ある社長が必死で「バイアグラ」を求めていた姿から学びました。一世を風靡した「バイアグラ」の女性用は「バイタテヒザ」と言うとか?故【坂上二郎】さんのネタですが「胡座」と「立て膝」の洒落です…念の為)※『本当に偉い人は威張らない』(【田中】親分や善光寺前【大僧正】様から学びました)※『猫は人に懐(なつ)く』(24歳(♂)22歳(♀)まで生きてた飼い猫から学びました。(♂)は特に私に懐いて、可愛いかっ たです。※『日本人は礼儀正しい』(子供達が良く挨拶出来てます…日本人は「礼に始まり霊になって終わる国民」です)※『ケチな人は死ぬまでケチ』(大先輩から学びました…ある大看板の師匠が、お正月に「ポチ袋がない」との理由で前座に御年玉上げなかったとか?…「縁起物は惜しんではいけない」事も学びました)※『自分では絶対ウケると思うネタは、それほどウケない』(日々実感します。昭和の話はもう古いみたいです)『長年繋いできた人脈が殆ど不整脈だった!!』(芸人を贔屓にしていた社長さんが亡くなると、そのジュニアとかは、殆どその芸人を贔屓にしません)※『中途半端な嘘つきは売れない!!』(【○歌】師匠から学びました)※『継続は力なり』{住岡夜晃(すみおか・やきょう)という宗教家(浄土真宗の一派)の著作「讃嘆の詩〈上巻〉若人よ一道にあれ」の一節に由来しています。「念願は人格を決定す『継続は力なり』真の強さは正しい念願を貫くにある」=「一道において念願を死ぬまで継続すれば、人間形成にもよい影響を与え、性格の弱さ・強さに関係なく、青年は真に正しく強い人間になれる」と言う事で、来年入門35年の私も継続して行きます。
203年12月19日 
 『私だけでしょうか?』
『【猪瀬】都知事が全く本当の事を言っていない様な気がするのは…私だけ?』※『【石原良純】がコマーシャルで「医薬品です」と言っているのが「違約品」に聞こえるのは…私だけ?』※『【マツコ・デラックス】を見るたびに、あれは着ぐるみで、中に誰か入っているのに違い無いと思っているのは…私だけ?』※『【ジャパネットたかた】の社長のハイトーンが胡散臭く感じるのは…私だけ?』※『【中尾彬】が「俺は【志ん生】の孫だよ」と言っているのは可笑しいと思うのは…私だけ?』※『日本の犯罪が欧米化して凶悪になったのには、ホームセンターに一因があると思うのは…私だけ?』『夜景やイルミネーションを見て美しいとは思わず「自然の造り出す物の方が美しい」と思うのは…私だけ?』
 その2はここまで