「おぼっこ」五周年記念特集号
岩手大学YHG(昭和41年10月20日発行)

「おぼっこと題して」------------(四十年度卒中島常雄)

「おぼっこ」とは盛岡地方で使われている方言で、「子供」とか「幼い者」とかを意味する。 子供には夢がある。前途洋々たる将来がある。 我々はいつまでも「子供」のように若々しく純真無垢でありたい。
復刻版目次
(平成12年5月1日掲載)

座談会(グループと運動あれこれ) 
エピソード 小生Y・Hと申す者・・・
部史余話 

五周年によせて
五周年記念号によせて----------------------伊藤久雄
岩大グループの諸君へ----------------------小野寺耕作
ペアレントとして思うこと----------------------斉藤敬次郎
今考えていること---------------------------八木喜久男

おぼつこへ !
過去と、未来への夢------------------------小林尚道
望むこと----------------------------------内山紀昭
草創の頃---------------------------------橘 紘武
ユースホステルと私-------------------------佐々木紀子
あの頃のこと------------------------------斉藤 健
苦悩と喜びの日々--------------------------照井邦彦
思い出のホステリング-----------------------船山智子
断想-------------------------------------富田忠征

トップページに戻る